山本草太、ジャンプに関しては天才?

J SPORTS によると。

フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!
今シーズン最初のゲストは、昨シーズン、大きなけがを乗り越えて復帰した山本草太選手が登場!今回のエピソード2でも、前回に続き山本選手の素顔が明らかに。大ケガの記憶についても語ってくれています。

「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」で質問に答える山本選手
番組からの質問コーナー!!(続き)
山本:「生まれ変わったら、なってみたい職業は?」ずっと思っているのは、まだなっていないから言えることですけど、スケートの先生にはなりたいなって。ぱって出てくるのはそのくらいです。

宮本:そうなの?でも、他のスポーツとかさ、何かない?

山本:野球は、下手ですけど遊びとかでするのは好きなので、そういうのもいいかなって。

宮本:野球選手?そうなんや。じゃ、次

山本:「10年後は何をしていると思う?」10年後って何歳や?28?うーん、スケート好きだし、負担がない限り続けたいなって思っているので。23歳より上の歳の方も続けていたりするから、僕もそのぐらいの歳でもできるならやりたいなあって、今は思っています。

宮本:現役で?

山本: そうですね、選手として。今のところですけどね。

宮本:でも素晴らしいね。28歳まで、いやもっと30歳ぐらいまでやりたい、みたいな?

山本:まあできたら。

宮本:すごいね、選手を続けたいんやね。素晴らしいと思うよ

山本:「一日だけ入れ替わってみたい有名人は?」うーん、あんまりテレビとかは見ないので。まあなんか、忙しそうな有名人にはなりたいなと思いますけど。

宮本:え?誰?忙しそうな有名人?有名人やからみんな忙しいよね(笑)

山本:そうですね(笑)。ぱっと出てきたのは、大谷翔平さんとか。有名人ですよね?

宮本:そうでしょうね(笑)。投げてみたい?

山本:最近特に注目されてるじゃないですか。海外に行ったりとか。

宮本:入れ替わって何すんの?

山本: みなさんに「かっこいい」って言われているので、そんなかっこいい人になってみたいって思って(笑)。

宮本:もてたいんや!

山本:いや、違います(笑)。もてたいというか、うーん。

宮本:かっこええやん、自分も

山本:ええ~?いえいえ全然、KENJI先生のほうがかっこいいです。

宮本:じゃ、次、はい(笑)

山本:「好きな女性のタイプは?」この人っていうのは別にいないですけど、元気過ぎない人が。

宮本:おとなしい人がいいの?

山本: おとなしいっていうか、うーん。

宮本:おとなしいのも嫌だけど、あんまりうるさいのも嫌ってこと?

山本:そうですね。楽しいときは元気でもいいんですけど、いつでもワイワイしている人はちょっと。

宮本:空気読んで、静かなときは静かにしておける人?

山本:そうですね、空気が読める人はいいと思います。

宮本:他は?見た目とかさ

山本:えー、見た目?インタビューされた人、みんな言ってます?

宮本:言うよ、言うよ。ある人なんか、見た目しか言わへんかった(笑)

山本:誰ですか?(笑)

宮本:田中刑事くんっていう人!

山本:あはは~。えー、見た目?スタイルいい人とか。なんとなく、ですけど。

宮本:あんまり顔とか気にしないんだ

山本:そうですね、なんか、はい。

宮本:そうか、わかった(笑)

高橋大輔、復帰戦は3位…フィギュア近畿選手権

時事通信 によると。

 フィギュアスケート男子で4年ぶりに現役に復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(関大ク)は8日、兵庫・尼崎スポーツの森で行われた近畿選手権のフリーで118.54点の4位にとどまり、首位だった前日のショートプログラム(SP)と合わせて195.82点の3位で11月の西日本選手権に進んだ。

 SP3位の友野一希(同大)が206.80点で優勝した。

 高橋は冒頭で3回転の連続ジャンプを決めたが、トリプルアクセル(3回転半)で転倒。「最低ですね。練習でもこんなにぼろぼろになったことがない」と切り出し、「これが今の実力と実感した。ここから上げていくだけ」と現実を冷静に受け止めた。

 8月に左太ももを痛め、十分に練習で追い込めなかった。その影響か「途中から足にきた」と明かし、スピンやステップも精彩を欠いた。「このままでは全日本の最終グループには残れない。きょうは西日本も通過できるか分からないぐらいの演技」と振り返った。

 長光歌子コーチは「予想以上にぼろぼろ。練習の1割の出来でした」と驚いた様子だったが、「4年前より今の方がモチベーションは高い」と今後の頑張りに期待した。

本田望結ジュニア女子4位 目標の100点超えに「うれしい!」

デイリースポーツ によると。

 ジュニア女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位発進の本田望結(14)=関大中・高スケート部=はフリー3位の104・90点をマークし、合計157・11点の4位で西日本選手権(11月、名古屋)進出を決めた。

 望結は冒頭から次々とジャンプを着氷。回転不足の判定を受けるなど細かいミスはあったが、3つのスピンでは全て最高評価のレベル4を獲得。大きなミスなく演技を終え、試合後は力強くガッツポーズした。

 「うれしいです!すごく」とにっこり笑顔を見せ、取材エリアでも何度もガッツポーズ。それでも演技内容には不満も残ったと言い「目標だった100を超えたのに、改善できるところがあるのがうれしい」とニコニコ、喜びがあふれて止まらなかった。

 1カ月ほど前「自分で中途半端だと思った」と、フィギュアスケートに対するスイッチを入れた。「今シーズンが始まるので、近畿に向けて頑張ろうと思った。今まで以上に濃い練習をしてきた。フリーでその成果が出たかな」。スケートとお芝居との間で忙しい毎日を過ごしているが、地道に積み重ねてきた努力が実った。

 米国を拠点に練習に励む姉の真凜には「100点超えた!って伝えたい。頑張ったねって言ってくれると思う。でもお姉ちゃんがいつかライバルだって言ってくれるように頑張るのが大きな目標」。8日は兄・太一、妹の紗来が出場する予定だけに「落ち着いて妹とお兄ちゃんの応援ができる」と解放感に浸っていた。

トリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエル「行かないで」テンさん追悼の舞

スポニチアネックス によると。

 日本、北米、欧州の3地域対抗戦として各チーム男女2人ずつのフリーで争われる中、06年トリノ五輪銀メダリストのステファン・ランビエルさん(スイス)がゲスト出演。7月に暴漢に襲われて死亡した、14年ソチ五輪銅メダリストのデニス・テンさんへの思いを込めて、8年前のエキシビションナンバー「行かないで」を舞った。

 ランビエルさんはテンさんの死去後、自身のインスタグラムに「You were an artist」から始まる追悼文を寄せていた。この日は黒の衣装に身を包み、故人を偲んだ。

ジャパンオープン会場は「織田劇場」と化した!…織田信成完璧な演技

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケートの男女混合地域別対抗戦、ジャパンオープンで、5年前に現役引退した織田信成(31)が4回転を含む、完璧な演技を披露した。ISU(国際スケート連盟)非公認記録ながら、176・95点の今季世界3位相当の好スコアで、日本の2年ぶりの優勝を導いた。

会場は「織田劇場」と化した。冒頭で、4回転トーループと3回転トーループの連続ジャンプを見事に成功。80年代ディスコミュージックメドレーに合わせ次々とジャンプを決め、最後は「ヤングマン」の曲で「YMCA」の振りを入れるなどノリノリ。大歓声と拍手にも後押しされ、圧巻の演技をみせた。試合後は、客席のファンに向かって「手拍子ありがとうございました」と感謝。「平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で宇野選手らの姿を見て、もう1度頑張ってみたいと思った」と奮起の理由を語った。

織田の後に滑った宇野は「織田くんより(点数が)低かったら、立場がないと。現役として、いいのかな…と思っていました」とプレッシャーを感じながら演技したことを明かし、笑いを誘った。

ディズニーのオリジナルブランドと北欧インテリア、フィギアスケート・健康の話題アラカルト