4月 292016
 

西日本新聞 によると。

 熊本地震の発生から2週間で、震度1以上の有感地震の発生数が千回を超えた。同じ内陸型の阪神大震災や新潟県中越地震と比べても速いペースだ。14日と16日に震度7の地震が連続して発生し、その影響が広範囲に及んでいることが要因とされる。過去に例を見ない経過をたどる熊本地震。活断層にはまだ「割れ残り」も指摘され、予断を許さない状況が続いている。

 「過去の経験予測が当てはまらない」。14日に最初の地震が発生してから6日後の20日、気象庁の青木元地震津波監視課長は「余震発生確率」の公表を見合わせる考えを示した。

 余震発生確率は、阪神大震災を機に導入された。被災者により高い注意を促すためだ。この通例に従い、気象庁は一夜明けた15日、「3日以内にマグニチュード(M)6・0以上の発生確率は20%」とする余震発生確率を公表していた。

 ところが直後の16日未明、M7・3の激震が襲う。「過去の経験予測」が当てはまらない事態に気象庁は当惑。2週間で千回のハイペースについても「異常事態」と受け止めている。

 気象庁によると、28日午後11時までの有感地震の発生数は1027回。新潟県中越地震の場合、千回に達したのは1年後だった。阪神大震災は震度計が少なく比較できないが、M3・5以上に限ると、阪神が2週間で95回だったのに対し、熊本地震は熊本地方だけでも218回(28日午後1時現在)に上っている。
.

連なる断層帯「異常」誘発 活断層にはまだ「割れ残り」? 熊本地震1000回超

グラフ

小さな活断層が複雑に分布

 ハイペースの理由は何か。東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)は「M5、6級が何度も起き、それらの余震が幾重にも重なっているのではないか」と分析する。

 これまでの地震は震源地周辺で余震を繰り返していたが、熊本地震は前震と本震の震源地だった熊本地方だけでなく、阿蘇、大分県中部の計三つのエリアに広がる。千回は、各エリアで起きている地震を積み重ねて合計したもので、範囲が広い分、ペースも自然と速くなる。

 広範囲に及んだのは「これらのエリアは断層が多く、誘発されて、それぞれに地震を起こしていると考えられる」(遠田教授)。

 気象庁などによると、震源が浅いことも理由の一つとされる。余震は、本震で破壊されずにひずみの残った地盤が、後に割れることで発生する。震源が浅いと地中の圧力が弱いため、押さえつけられることなく、地盤が割れやすくなる。特に九州は小さな活断層が複雑に分布しており、地震を誘発しやすい環境にある。

 Posted by at 9:54 PM
4月 022016
 

ファミ通.com によると。

●2016年4月30日までの期間限定
 セガ・インタラクティブの『ネイルプリ』にディズニーキャラクターが登場。2016年4月1日~4月30日の期間限定で、“ミッキー&フレンズ”(5種)と“ディズニープリンセス”(5種)のネイルシールを作成できる。この機会をお見逃しなく!

■期間:2016年4月1日(金)~4月30日(土)
■種類:10種類(ミッキー&フレンズ 5種/ディズニープリンセス 5種)
■料金:1枚500円

 Posted by at 11:34 PM
4月 012016
 

読売新聞 によると。

 フィギュアスケートの世界選手権は31日、米マサチューセッツ州ボストンで、女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(関大)が70・72点で6位となったのが日本勢では最高だった。

 自己ベストを4点以上更新した本郷理華(邦和スポーツランド)は69・89点で7位。休養シーズンを挟んで2年ぶりに出場した浅田真央(中京大)は65・87点の9位にとどまった。首位は76・43点をマークしたグレーシー・ゴールド(米)。

 Posted by at 10:42 PM
3月 302016
 

AFP=時事 によると。

 世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2016)の開幕を30日に控え、浅田真央(Mao Asada)や宮原知子(Satoko Miyahara)、本郷理華(Rika Hongo)の日本勢に加え、各国の強豪選手が米ボストン(Boston)で調整を行った

 現地の30日にアイスダンス・ショートダンス(SD)で幕を開ける世界選手権は、同日夜に男子シングル・ショートプログラム(SP)が予定されている。翌31日には、女子シングルのSPが行われる

 Posted by at 7:37 PM
3月 292016
 

Impress Watch によると。

東京ディズニーシー15周年記念、ディズニーリゾートラインのオリジナルトミカを4月11日から毎月発売 開園記念日の9月4日発売分まで全部揃えると6両編成のモノレールに

 オリエンタルランドは3月29日、東京ディズニーシーが開園15周年を迎えることを記念した限定オリジナルグッズとして、ディズニーリゾートラインのオリジナルトミカを4月11日から順次発売する。

 車両の側面にはディズニーの仲間たちや、東京ディズニーシー15周年のテーマである「Wish」の象徴「ウィッシュ・クリスタル」が描かれる。

 4月11日の先頭車を皮切りに、5月から毎月4日に1車両ずつ発売。東京ディズニーシー開園記念日である9月4日に発売される後尾車まで揃えるとディズニーリゾートラインと同じ6両編成のモノレールとして楽しめる。

 販売は東京ディズニーシー内の「エンポーリオ」。価格は各車両1200円。種類と描かれるキャラクター、発売日は下記のとおり。

先頭車:ミッキーマウス(4月11日)

中間車:グーフィー、プルート(5月4日)

中間車:ドナルドダック(6月4日)

中間車:デイジーダック(7月4日)

中間車:チップ、デール(8月4日)

後尾車:ミニーマウス(9月4日)

 Posted by at 11:53 PM