グランドフロリディアンビーチ&スパリゾート

 

マジックキングダムを見上げる、セブン・シー・ラグーン湖のほとりに立つディズニーの直営ホテル。5棟のロッジと本館から成り、ビクトリア調の豪華な建物が連なっている。このリゾートは19世紀に栄えたフロリダ・パームビーチの高級ホテルがモデルとなっており、
館内には随所で100年前の様式が再現されている。

敷地内にあるスパで、フェイシャルやアロマ・マッサージなど本格的なトリートメントを受けたり、
白い砂浜のビーチが続くラグーンを散歩したり、とにかく心ゆくまで究極のフロリディアン・リゾートが楽しめる。

ホテル内のレストラン、「1900パークフェア」では、プーさんと一緒の食事が魅力。

■レストラン
□ビクトリア&アルバート
AAAの5-ダイヤモンド賞に輝いた、トップクラスのサービスとアットホームな落ち着きを兼ね備えるレストラン。ディナーに出かけることが贅沢でロマンチックな大イベントだった、古き良きビクトリア時代の雰囲気に包まれます。日替わりでご用意する6品コースに、食通の方も大満足。お食事中は、ビクトリア&アルバートのサービスチームから選り抜きの専属バトラーがお世話させていただきます。ディナーに華を添えるワインは、それぞれのコースに合わせてお選びしますが、自慢のワインセラーからお好きなものをテイスティングすることもできます。美食が生き甲斐、というお客様には、キッチンでシェフの仕事を目の前で見ながらダイニングができる特別席をご用意します。(要予約、1日1組限定、最大10名まで)
□シトリコス
太陽がふりそそぐようなカジュアルな雰囲気、そしてヨーロッパのおしゃれ感覚。世界のワインとステージの上で用意されたフランス料理やデザートをご家族でお楽しみください。
□ナクージーズ
マジックキングダム・パークの眺望を楽しみ、夜には花火も。ウォーターフロントのカジュアルなレストランです。
□グランド・フロリディアン・カフェ
全面ガラス張りのベランダから望む庭園とプールも、お食事とともに楽しんでください。
□1900パークフェア
100年前にパリで作られたバンド・オルガン、ビッグ・バーサがお祭り気分を盛り上げます。ビクトリア調を模したディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパは、キャラクター・ダイニングのマジカルなムードにぴったり。朝食にはメリー・ポピンズと仲間たち、ディナーにはシンデレラとおとぎの国の仲間たちが登場します。
□ガーデンビュー・ラウンジ
何世紀もの間、伝統を守ってきた英国流アフタヌーン・ティー。イングリッシュガーデンを眺めながらでゆっくりとお過ごしください。
□ワンダーランド・ティー・パーティー
「不思議な国のアリス」から飛び出したキャラクターがおもてなしする、子どものためのティー・パーティー。子どもたちがカップケーキを作って食べたり、お話を楽しみながら、キャラクターたちと一緒にランチやお茶をいただきます。

  朝食 昼食 夕食 C T B キャラ ショー シグネ
ビクトリア&アルバート              
ビクトリア風現代アメリカ料理:世界のマーケットから集めた新鮮素材。6品コースのメニューは、日替わり。
シトリコス              
地中海料理:ロブスター・サラダ、子羊のリブ、グリル・サーモン、仔牛のすね煮込み、ベジタリアン・メニュー
ナクージーズ              
シーフード料理:カニのポテト・オニオン・ケーキ添え、グリル・ラムチョップのガーリック・マッシュポテト添え、フィレ・ミニョン、ロブスター
グランド・フロリディアン・カフェ            
アメリカ料理:オムレツ、フレンチトースト、ワッフル、バーガーやサンドイッチ各種、フィレ・ミニョン、フロリビアン
1900パークフェア          
アメリカ料理:伝統的なアメリカン・ブレックファスト、プライム・リブ、オリジナル・サラダ、スプーンブレッド、お子様メニュー
朝食:メリー・ポピンズと仲間たち、ディナー:シンデレラとおとぎの国の仲間たちと
ガーデンビュー・ラウンジ              
イギリス料理:ティー・サンドイッチ、スコーン、焼き立てペストリー付きのフル・ティー・サービス
ワンダーランド・ティー・パーティー            
アメリカ料理:カップケーキ&紅茶                         

不思議な国のアリス

 Posted by at 4:41 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>