4月 212012
 

映画.com によると。

米ウォルト・ディズニーが、再びディズニーランドのアトラクションの映画化準備を進めていると、Deadlineが報じた。
 ディズニーといえば、「カントリーベア」「カリブの海賊」などのアトラクションを下敷きにした映画化を次々と製作しており、現在は「海底二万里」の映画化をデビッド・フィンチャー監督で準備している。

 今回、新たに着手したのは、1955年に米アナハイムのディズニーランドがオープンした当初からあった古典的アトラクション「Mr. Toad’s Wild Ride」だ。イギリスの児童文学「たのしい川べ」(The Wind in the Willows)を下敷きにしたもので、トードといううぬぼれ屋のヒキガエルの豪邸を、ライドに乗って回っていくというものだった。

 同アトラクションは97年に幕を閉じたが、ディズニーは映像作家ピート・キャンデランドに企画開発を依頼。実写とCGアニメを合成した作品として企画しているという。
 なお、キャンデランドはアニメーションを得意とする映像作家で、ゴリラズのミュージックビデオや、人気音楽ゲーム「Rock Band」のビートルズ版のオープニングアニメを手がけたことで知られている。

 Posted by at 3:00 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>