10月 242012
 

シネマトゥデイ によると。

 1950年に誕生し、今なお世界中の人々に愛されるディズニーのアニメーション映画『シンデレラ』に、驚きの内容のもう一つのオープニングが存在していたことが明らかになった。
 朝、目覚めたシンデレラが、小鳥たちに語り掛け、名曲「夢をひそかに」を優雅に歌い、動物たちがシンデレラの歌声に酔いしれる…美しい『シンデレラ』のオープニングは、一転、あわただしいオープニングになる可能性があったという。これは、24日に発売されるブルーレイ+DVD「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」にボーナス・コンテンツとして収録された映像で明らかになったもの。

 今回、本当のオープニングと、「もう一つのオープニング」を見比べることができる貴重なクリップ映像も公開された。貴重なスケッチ映像と、ナレーションにより明かされた「もう一つのオープニング」は、小鳥のさえずりであわただしく目覚めたシンデレラが、命令ばかりの継母とその連れ子である姉たちにこき使われ、あわただしく夜まで仕事をし続けるというもの。そんなオープニングになる可能性があったということが興味深い。

 「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」は、この「もう一つのオープニング」のほか、映画『塔の上のラプンツェル』のその後の物語を描いた短編アニメーション「ラプンツェルのウェディング」や、クリスチャン・ルブタンが作品からインスピレーションを受けデザインした貴重なシンデレラ・シューズができるまでを一つの物語として収録した「夢をかなえる魔法の靴」を収録。プリンセスたちの意外な一面にも触れつつ、その世界に浸ることのできるコレクションとなっているようだ

 Posted by at 3:51 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>