11月 292012
 

nikkei TRENDYnet によると。

 楽天トラベルは2012年12月3日と6日、自社企画バスツアーを実施する。「『朝ごはんフェスティバル2012』上位に輝いた朝ごはんを食べに行こう! 日帰りバスツアー」と題したツアーのテーマは、その名の通り、「ホテルの朝ごはん」だ。
 楽天トラベルは、ホテルの朝ごはんは宿選びのポイントの一つと考え、4年前から「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル」を実施してきた。

 今回のツアーでは、2012年度の上位入賞ホテルである「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」と「ホテルオークラ 東京ベイ」の2つのホテルを訪ね、それぞれ自慢の朝食を食べる。

 「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」で登場するのは、地元千葉県産の牛肉と豚肉を使った「舞浜スマイルバーカー」など3種の料理。「ホテルオークラ 東京ベイ」では、ホテルオークラの伝統的メニューである「フレンチトースト」が食べられる。両ホテルとも、今回のツアー用にアレンジしたスペシャルメニューとして提供される。

 通常、ホテルの朝食は宿泊者しか食べられない。昨今、「企業の社食を食べるツアー」や「レストランのまかない飯試食」などの“特別な食”の提供を通じて、企業やレストランのファン獲得を狙う体験プログラムが増えているが、このツアーもその一例といえる。

 ツアー客がホテルを訪れる時間は、チェックインとチェックアウトの合間にあたる、11時30分から14時。また各ホテルでは、スイートルームなど館内も案内する。協力するホテルには、参加者にしっかりと宣伝できるメリットもある。

 参加者のメリットも多い。まず一つ目は、宿泊しなくてもホテルの名物朝食を食べられること。2つ目は料金。ツアーの参加代は4500円だが、各ホテルとも朝食代が3000円以上するうえ、特別にアレンジされた料理が出ることを考えるとお得感は高い。シェフからフレンチトーストのレシピを教えてもらったり、部屋を案内してくれるコンシェルジュから東京ディズニーリゾートに関する裏話が聞けるなど、ホテルスタッフとの交流も楽しめる。

 「ホテルの宿泊料金は、リーマンショックなどの影響から3年前ごろに底値となった」(楽天トラベル)。そこで、宿泊単価を上げるために全国のホテルが取り組んだのは朝食の拡充。「地産地消」などをアピールしたメニューの充実により、「朝食付きプランを選択する人が2009年から2011年の2年で1.4倍に増えた」(同社)という。楽天トラベルにとっても、宿泊予約1件あたりの単価のアップはメリットとなる。

 フェスティバルやツアーのなど朝食にまつわる施策を通じて、「他の予約サイトより、美味しい朝食を食べられるホテルがそろっている」というイメージの浸透を図る狙いもある。楽天トラベルでは、「今後もツアーを継続していきたい」と語る。

『朝ごはんフェスティバル2012』上位に輝いた朝ごはんを食べに行こう! 日帰りバスツアー

 Posted by at 11:40 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>