14種類のキャラクターケースとライブ壁紙・・・「Disney Mobile on SoftBank DM015K」

ITmedia Mobileによると。

 ソフトバンクモバイル向けディズニー・モバイルブランドの新機種として、京セラ製のAndroid搭載スマートフォン「Disney Mobile on SoftBank DM015K」が登場する。

 DM015Kは、2013年夏モデルとしてソフトバンクモバイルから登場する京セラ製「DIGNO 202K」をベースにしており、4.3インチHD液晶(解像度は720×1280ピクセル)や有効約810万画素CMOSカメラ、デュアルコアプロセッサーなどを搭載する。本体サイズは約60(幅)×122(高さ)×10.4(厚さ)ミリ、重さが約94グラムとコンパクトで軽量なボディを実現した。

 通信サービスはAXGPネットワークを用いた「SoftBank 4G」に対応する。防水・防塵、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信など、ディスニー・モバイルブランドの前回モデル「DM014SH」と同様の機能もサポートしている。

 DM015Kでは、14種類のキャラクターをかたどったケースを用意するほか、ホーム画面でもケースのキャラクターに合わせたライブ壁紙を設定できる。また、これまでのディスニー・モバイルでも提供してきた、映像配信やゲーム、アプリケーションなどのコンテンツも利用できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です