8月 142013
 

日経トレンディネット によると。

テーマパークの人気アトラクションとなれば、休日などの混雑日には1時間以上並ぶことはもはや“常識”。混雑を回避して楽しむ方法はないのか。実際に試してわかった“裏ワザ”を紹介する。
 この記事は「日経トレンディ2013年5月号(4月4日発売)」から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 開園30周年を迎えた東京ディズニーランドは、昼のパレードを「ハピネス・イズ・ヒア」に一新した他、5月には「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」をオープン。次々に投入される新コンテンツを目当てに、入園者はさらに激増している。また、東京ディズニーリゾートに負けじと新しいアトラクションやイベントを続々と投入する大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンも人気だ。テーマパークの人気アトラクションとなれば、休日などの混雑日には1時間以上並ぶことはもはや“常識”。混雑を回避して楽しむ方法はないのか。実際に試してわかった“裏ワザ”を紹介する。

 ディズニーリゾートを効率的に楽しむ際に不可欠といえるのが、人気アトラクションにある発券機にパスポートをかざすと取得できる「ディズニー・ファストパス」(以下、FP)だ。FPに印字された指定時間になれば通常の「スタンバイ列」に並ばずに、いつもより少ない待ち時間でアトラクションを優先的に利用できる。

 基本的にFPは続けて取得することができない。「発券から2時間」もしくは「アトラクションが利用可能になる指定時間」のどちらかを過ぎないと次のFPは発券されないのだ。

 しかし、この「2時間ルール」を突破する方法がある。まずは「1デーパスポート」で最初のFPを取得した後、ランドなら「ゲストリレーション・ウインドウ」、シーなら「ゲストリレーション」の窓口で1デーパスポートを「2デーパスポート」にアップグレードする。この際、新しく発券される1デーパスポートを使えば、次のFPをすぐに取得できるのだ。実際に試したところ、ランドでもシーでも同様の方法でFPを連続して取得できた。アップグレードの手続きをするためにパークのエントランス付近まで戻ってくる必要はあるが、東京ディズニーリゾートを2日間利用するのなら覚えておきたい技だ。なお、混雑時はアップグレードそのものができない場合があるので確認が必要だろう。

 注目のスター・ツアーズやシーの「トイ・ストーリー・マニア!」など、午前中にFPの発券が終了してしまうような極めて人気が高いアトラクションを確実に狙うなら、「最強のFP」を手に入れられる宿泊パッケージを利用する。「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」は、ディズニーホテルの宿泊とさまざまな特典を組み合わせたサービス。プランのなかにはアトラクションや利用時間を限定しないFPを特典として含むものもある。

 Posted by at 8:41 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>