ドコモ Disney Mobile on docomo F-03F は「全力でディズニー」、ドコモメールも@マークもディズニー仕様

Engadget 日本版 によると。

仕様はAndroid 4.2 搭載、4.7インチHD有機ELディスプレイ採用と普及モデルですが、これまでよりもより一層、全力で「ディズニー化」しています。
主な仕様は、約4.7インチHDの有機ELに、プロセッサは2.2GHz、4コア、Snapdragon 800シリーズのMSM8974、2GBメモリ、32GBストレージ。メインカメラは13.1MPの裏面照射CMOS。防水仕様で、背面に指紋センサーを搭載。下り最大150MbpsのLTE対応。バッテリー容量は2600mAh。

同日発表した富士通製 ARROWS NX F-01F とおおむねスペックは同じですが、NXは5インチ、フルHDのWhiteMagic液晶を搭載し、バッテリー容量も3200mAhと大容量です。NXはフルセグ対応となっています。

外観はミッキーマウスのシンボリックなアイコンがあしらわれている程度ですが、今回のモデルは、これまでよりも暑苦しいぐらいにディズニーを強く推したモデルとなっています。前モデルから同梱していた同梱の画面連動するスマホピアスもラメ入りビーズを入れて、少しだけ派手になりました。

ホームボタンにミッキーマウス、カメラのピント合わせのサークルはミッキーの手、冬春モデルからプリセットされる ドコモメール もディズニー仕様になっています。また、オリジナルのディズニーフォントは、ドコモメールでも利用可能で、矢印記号がミッキーの手になっているほか、「@」マークにはミッキーの耳が生えています。

天気予報のウィジェットや待受キャラクターがディズニーキャラクターなだけでなく、画面オフ時のミッキーマウスアイコンのシルエットで画面が暗転するなど非常に芸が細かいディズニー仕様となっています。

ディズニーモデルはこれまで、若年層~40代の女性をターゲットにしていたため、女性的なデザインの中で、さりげなくディズニーキャラクターが登場する演出でしたが、夏モデルの Disney Mobile on docomo F-07E 以降は、ディズニー推しがより一層強くなりました。

背景には、東京ディズニーリゾートの30周年記念があるのですが、説明員によると、「ディズニーリゾート色を強めたF-07E以降、特に若い女性の受けが非常によくなりました。だから今回はさらに全力でディズニーにしたんです」とのこと。なお、テーマを変更すれば、従来の「さりげないディズニー」も楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です