「ディズニー」先生、おもてなしの魔法紹介

@S[アットエス] by 静岡新聞によると。

 焼津市立大井川東小は30日、東京ディズニーリゾートのキャスト(従業員)を講師に招いて特別授業「魔法の教室」を開いた。4、5年生計117人が参加し、思いやりの大切さについて学んだ。
 講師は「思いやり」や「おもてなし」について「東京ディズニーリゾートを楽しんでもらうため、キャストがいつもお客さまに掛けている魔法」と紹介。「東京ディズニーリゾートではアトラクションやパレードだけでなく、キャストのおもてなしの魔法も見てほしい」と呼び掛けた。
 児童はお手玉とスプーンを使ったリレーや、ディズニーキャラクターを使った連想ゲーム、間違い探しに取り組み、相手の気持ちを考えること、相手の顔や様子をよく見ることの大切さを学んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です