5月 092014
 

オリコン によると。

松たか子、神田沙也加らが歌う日本語歌も完全収録した『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-』

■AKB「恋チュン」35週連続1位阻止
 大ヒット中の映画『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版で、主人公エルサの声を担当した松たか子が歌う劇中歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)」が、5/12付オリコン週間カラオケランキング登場3週目で初の首位を獲得した。映画やサントラ、関連本のヒットはカラオケにも波及し、“レリゴー”旋風が吹き荒れている。

松たか子『アナ雪』起用理由は…「高い演技力と歌唱力」

 松バージョンの同曲は、4/28付週間ランキング10位に初登場し2週目は2位。3週目の今週付では、昨年9/16付から34週連続首位を記録していたAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」など抑え、初の1位を獲得した。

 一方、May J.が歌う日本版主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~(エンドソング)」は4/14付で8位に初登場して以来、5位→6位→5位と推移し、登場5週目の今週、最高位更新の3位に。初の2曲同時TOP3入りを果たした。

 両バージョンが収録されたサントラの「デラックス・エディション」(CD2枚組)も5月3日に満を持して発売され、最新のオリコン週間アルバムランキングで登場12週目にして初の首位を獲得。通常盤との合算で、サントラでは異例の30万枚のヒットを記録するなど、じわじわと広がってきた“レリゴー”現象はしばらく続きそうだ。

【オリコンカラオケランキング】1994年12/26付から発表開始。カラオケ大手の第一興商(DAM総合)、エクシング(JOYSOUND)のデータを元に毎週集計。

 Posted by at 1:51 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>