『アナと雪の女王』、12年ぶり『ハリポタ賢者の石』超え日本歴代3位に!

マイナビニュースによると。

大ヒット公開中のディズニー映画『アナと雪の女王』が、5月29日までで興行収入203.7億円を突破し、『ハリー・ポッターと賢者の石』の203.0 億円を超え、公開77日という速さで日本歴代興行収入第3位になったことが30日、明らかになった。

旋風を巻き起こしている『アナと雪の女王』が、12年間不動の座を守っていた日本歴代興行収入トップ3のランキングも更新。1位『千と千尋の神隠し』(304億円)、2位『タイタニック』(262億円)に次ぐ第3位に躍り出た。

本作は、第86回アカデミー賞で主題歌賞&長編アニメーション賞のW受賞を達成。そして、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン歴代興行収入1位、全世界歴代アニメーション映画1位、全世界歴代興行収入記録5位、さらに、オリジナル・サウンドトラックはオリコン週間アルバムランキングで3週連続1位と、記録を続々と更新している。

なお、5月29日までの累計動員は、1,601万3,713人となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です