C・パインとC・アフレックが実在の英雄たちと対面、「ザ・ブリザード」特別映像

映画ナタリー によると。

1952年に起きた海難事故救出劇にもとづく映画「ザ・ブリザード」から、新たな特別映像がYouTubeにて公開された。

本作は、「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが主演を務めるアクション。難破した巨大タンカーから生存者を救い出すため、強烈なブリザードが吹き荒れる海に小型救助艇で乗り出した沿岸警備隊員たちの勇姿を描く。パインのほかエリック・バナ、ケイシー・アフレック、ベン・フォスターらが出演し、「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピーがメガホンを取った。

特別映像には、64年前の2月18日、実際に救助活動にあたった沿岸警備隊員のアンディ・フィッツジェラルドとメル・ガスロが登場し、パイン、アフレックと対面。製作初期段階から本作に協力しているフィッツジェラルドとガスロは、「漁師が言った。『行くな』って。『どうかしてる』って。だが、助けるのが仕事なんだ」と当時を回想する。

小型救助艇の船長バーニーを演じたパインは、「バーニーはこの映画が作られる前に亡くなっていた。でも彼の親友だったガスとアンディに会えたことで、僕はバーニーの人となりを知ることができたんだ」と語り、特別映像の中では「敬意を表して、誠実に演じたい」と述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です