世界フィギュア女子SP、宮原は6位…浅田9位

読売新聞 によると。

 フィギュアスケートの世界選手権は31日、米マサチューセッツ州ボストンで、女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(関大)が70・72点で6位となったのが日本勢では最高だった。

 自己ベストを4点以上更新した本郷理華(邦和スポーツランド)は69・89点で7位。休養シーズンを挟んで2年ぶりに出場した浅田真央(中京大)は65・87点の9位にとどまった。首位は76・43点をマークしたグレーシー・ゴールド(米)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です