ミッキーマウスやミニーマウスたちと、ニューヨークのさまざまな楽しみ方を発見するショー「ハロー、ニューヨーク!」

デイリー新潮 によると。

高橋みなみがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日のコーナー「これから、東京ディズニーリゾート(R)いっちゃう?」では、東京ディズニーランド(R)と東京ディズニーシー(R)の旬の情報をお届けしています。レポーターを務めるのは歌手のMiracle Vell Magicさんです。
7月26日(木)の放送では、東京ディズニーシーの新しいショー「ハロー、ニューヨーク!」を紹介しました。

コロンビア号からミッキーマウス、ミニーマウス、グーフィーが登場!
「ハロー、ニューヨーク!」は、アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある「ドックサイドステージ」で公演されている東京ディズニーリゾート35周年のスペシャルプログラム。ミッキーマウスやディズニーの仲間たちと一緒にニューヨークのさまざまな楽しみ方を発見する新しいショーです。

今回は、Vellさんが「ハロー、ニューヨーク!」の様子をレポートしてくれました。

ニューヨークの街並みをイメージしたセットのコロンビア号からミッキーマウスが登場すると、「すごい、ブロードウェイみたい!」と思わず声を上げるVellさん。そこにミニーマウスとプルート、さらにはグーフィー、ドナルドダック、デイジーダックが次々と仲間に加わります。

ドナルドダッグやデイジーダッグなど仲間たちが加わり、ショーを盛り上げます!
ショーは、歌とダンスでストーリーが展開。ニューヨークの雑踏で起こるハプニングやサプライズ、ダウンタウンのストリートパフォーマンス、セントラルパークの豊かな自然、ブロードウェイのダンスと音楽など、見どころ満載です。

ディズニーの仲間たちとゲストが一体になり、華やかなフィナーレを迎えます
Vellさんは、「アクロバットのパフォーマンスがとにかくすごい! それを目の前で見られるので迫力満点だし、ストリート系のダンスもめちゃめちゃカッコイイ。見ごたえばっちりです!」と、ショーの世界観にすっかり魅了された様子。さらに、フィナーレで35周年テーマソング「Brand New Day」が流れると、Vellさんは「歌詞がニューヨーク仕様で、曲調がすごくポップなバージョンになっています!」と“ディズニー通”ぶりを垣間見せます。そして、キャラクターたちが客席に降りてきてグリーティング(挨拶)をはじめると、Vellさんのテンションは最高潮に! デイジーダックとハイタッチをして「やったー!」と声を上げ感激していました。

ミニーマウスとレポーターを務める歌手のMiracle Vell Magicさん
一連のプログラムを振り返ったVellさんは、「ブロードウェイのミュージカルや音楽、ダンスなど、パフォーマンスが好きな人には本当にたまらないショーになっています」とオススメ。さらに「私はニューヨークの街も大好きなので、とても楽しい時間でした。プライベートでもまた絶対に見に行きます!」と宣言するほどお気に入りのようでした。

Vellさんのレポートを聞いたたかみなは、「ゲストも一緒に作り上げるショーのフィナーレは、暑さも忘れちゃうくらい盛り上がりそう!」と声を弾ませていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です