羽生結弦、映画出演の決め手とは?「今回のみ例外を認める」

cinemacafe.net によると。

例外を認めたからこそ生まれた奇跡の実話に迫るドキュメントバラエティ「今回のみ例外を認める」。8月18日(土)放送回では、普段あまりメディアに姿を見せないフィギュアスケーター・羽生結弦が、“例外的”に映画出演を快諾した理由について明かされる。

フィギュアスケート男子シングルで五輪2連覇を果たし、冬季オリンピックの個人種目では史上初の日本人連覇という偉業を達成した羽生選手。今年7月には、史上最年少23歳という若さで国民栄誉賞を受賞したことも話題に。

そんな現在、そして今後のスケート界を牽引する存在である羽生選手が、唯一例外として出演を快諾した映画が、2016年公開の阿部サダヲ主演『殿、利息でござる!』。

本作は江戸時代の仙台藩を舞台に、貧困にあえぐ宿場町を救うために奮闘した人々の姿を描いた実話物語。阿部さんをはじめ、瑛太、妻夫木聡、竹内結子、松田龍平ら超豪華俳優陣が揃う中、羽生選手は映画のタイトルにもなっている“殿”役、仙台藩藩主・伊達重村という実在の人物を好演。出演シーンは少ないながらも、物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れるという役どころだ。

初挑戦とは思えない堂々とした演技で話題をさらった彼だが、スケートと役者との二足のわらじについては、「役者の経験は大きな経験になった。この経験をスケートに生かしていきたい」と言及。一体なぜ、羽生選手はこの作品への出演を快諾したのか? その理由は、放送で明らかになるという。

土曜☆ブレイク「今回のみ例外を認める」は8月18日(土)14時~TBSにて放送(関東ローカル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です