安藤美姫を超えたか、村上佳菜子はなぜウケる?

文春オンライン によると。

 女子アスリート出身タレントが、テレビ界に旋風を巻き起こしている。「2018上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター発表)で、フィギュアスケートの村上佳菜子(23)が堂々1位に輝いたのだ。

「テレビ番組出演本数が前年同期の5本から124本へと、驚異の25倍増です。5位には元なでしこジャパンのサッカー選手・丸山桂里奈(35)もランクイン(12本→81本)。男性アスリートのバラエティ番組進出は長嶋一茂(52)ら野球選手をはじめ松岡修造(50)、織田信成(31)など多士済々ですが、女性ではマラソンの松野明美(50)以来のブレイクぶりといってもいいのでは。女子アスリートタレント時代幕開けの予感すら漂います」(放送記者)

 2年前からタレント活動をしている丸山は、すでに女子サッカー界の裏話から男性遍歴まで、“ぶっちゃけトーク”でお馴染みだが、昨年春まで現役だった村上は、まさに彗星のごとき登場だった。

「2014年のソチ五輪に出場した実績を誇る村上は、引退後、プロスケーターと並行してタレント活動を開始。天然の明るさにフィギュア演技時のような豊かな表情で、幅広い年齢層から好感をもって迎えられた。昨年10月には早くも『メレンゲの気持ち』(日テレ)のレギュラーに抜擢。司会の久本雅美(60)も絶賛するほどアドリブが利く。『彼氏がいた』程度の可愛いものですが、ぶっちゃけトークもできる。現役時代は松浦亜弥(32)に似ていることから“氷上のあやや”と呼ばれましたが、今も笑顔はそっくりです」(同前)
しゃべりが今ひとつの安藤美姫を尻目に
 さらなる飛躍を果たしたのが、2月の平昌五輪だった。

「現役時代は浅田真央(27)、安藤美姫(30)らの陰に隠れていましたが、喋りが今ひとつの安藤を尻目に局をまたいで出演し、金メダリスト荒川静香(36)に劣らない存在感を発揮。技術的な解説には安定感があるし、学校の先輩で今も仲の良い浅田の話を織り交ぜるなど、サービストークにも余念なし。今冬は解説のオファーも増えるのは確実です。解説の評価が上がればタレント活動も活性化する。解説者とタレントの二刀流で、注目度は今以上に増していくでしょう」(スポーツ紙記者)

 そのなめらかトーク、氷上を滑るがごとし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です