羽生結弦、今季初戦で貫禄のSP首位、続々称賛「楽に首位の座についた」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。スピンが0点になるミスがありながら貫禄を見せつけた。平昌五輪以来となる演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで公開するなど、さすがの注目度を見せているが、海外メディアも「キングが帰ってきた」「ハニュウは必見もの」などと王者の帰還に賛辞を送っている。

 王者が銀盤に帰還を果たした。淡いブルーの新しい衣装に身を包んだ羽生は、冒頭の4回転サルコーを完璧に着氷。得意のトリプルアクセルも決めた。連続ジャンプがやや乱れ、スピンにミスもあったが、堂々の97.74点で首位発進。まずは上々の滑り出しとなり、リンクにはお決まりのくまのプーさんのぬいぐるみが降り注いだ。

「オリンピックチャンネル」公式ツイッターは羽生の単独インタビューとともに、美しく4回転サルコー、トリプルアクセルを決めた瞬間などを動画付きで公開。世界のファンを魅了させていたが、公式サイトでも「ユヅル・ハニュウがオータム・クラシックのショートプログラムで首位発進」と見出しを打って特集している。

「キングが帰ってきた」と情緒的な紹介をした上で「彼のショートプログラム『Otonal(秋によせて)』は決して完璧というわけではなかったが、楽に首位の座についた」と貫禄の首位発進を伝えている。「ネガティブな採点を受けたわけではないが、ハニュウは自身のパフォーマンスには満足していないようだ」とし、満足することがなかった羽生のコメントを紹介している。
米ベテラン記者も高評価「ハニュウは必見ものだった」
 イタリアメディア「OAスポーツ」は「ショートプログラムで97.74点を記録したユヅル・ハニュウが良い形でシーズンデビュー」と見出しを打ち、美しい4回転サルコー、高さのあるトリプルアクセルを決め、得点については今後の大会を重ねるにつれもちろん伸びてくるとの見方を示している。

 また、米国の熟練記者、フィリップ・ハーシュ氏は「4T-3Tでの不安定な着地や完全ではないスピンもあったが、ハニュウは必見ものであった。大小問わず多くの美しい要素があった、イナバウアー、スプレッドイーグル、素晴らしいステップシークエンス。そして、結果は97.74だ」とツイートし、高く評価している。

 もちろん、100%の出来ではないが、それでも観る者を魅了するのが王者の貫禄だ。フリーではどんな演技を見せてくれるのか。羽生のすべてに注目が集まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です