高橋大輔、復帰戦は3位…フィギュア近畿選手権

時事通信 によると。

 フィギュアスケート男子で4年ぶりに現役に復帰した2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(関大ク)は8日、兵庫・尼崎スポーツの森で行われた近畿選手権のフリーで118.54点の4位にとどまり、首位だった前日のショートプログラム(SP)と合わせて195.82点の3位で11月の西日本選手権に進んだ。

 SP3位の友野一希(同大)が206.80点で優勝した。

 高橋は冒頭で3回転の連続ジャンプを決めたが、トリプルアクセル(3回転半)で転倒。「最低ですね。練習でもこんなにぼろぼろになったことがない」と切り出し、「これが今の実力と実感した。ここから上げていくだけ」と現実を冷静に受け止めた。

 8月に左太ももを痛め、十分に練習で追い込めなかった。その影響か「途中から足にきた」と明かし、スピンやステップも精彩を欠いた。「このままでは全日本の最終グループには残れない。きょうは西日本も通過できるか分からないぐらいの演技」と振り返った。

 長光歌子コーチは「予想以上にぼろぼろ。練習の1割の出来でした」と驚いた様子だったが、「4年前より今の方がモチベーションは高い」と今後の頑張りに期待した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です