宇野昌磨、GP優勝から一夜明け「体力不足を痛感」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ男子で4度目のGP優勝を果たした20歳の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーから一夜明けた28日、ラバルで取材に応じ「体力不足を痛感できたのが一番の収穫。今はもっとうまくなりたいという貪欲な気持ち」と慢心することなく次戦のNHK杯(11月9~11日・広島)を見据えた。

 GPデビュー戦で女子2位に入った15歳の山下真瑚(愛知・中京大中京高)は友人らから祝福の連絡をもらったといい「たくさんの人に喜んでもらえた。もっと頑張って、たくさんの人に(自身のことを)知ってもらいたい」と気持ちを新たにした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です