羽生結弦きっちり修正、順調な仕上がり…公式練習で4T―3Aも2本成功

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、フィンランド大会の公式練習が2日、ヘルシンキで行われ、3日に男子ショートプログラム(SP)を控える羽生結弦(23=ANA)らが参加した。

 1番手でフリーの曲をかけて練習した羽生は序盤の4回転ループでミス。前日から4回転ループに苦戦していたが、練習後半にはきっちり修正して3本着氷した。成功すれば世界初となる4回転トーループ―トリプルアクセル(3回転半)も2本成功。精力的にジャンプを跳んで、感覚を確認した。

 今大会では9月のオータム・クラシックからSP、フリーともにジャンプの構成などを変更し、より得点を稼げる攻撃的な構成で挑む予定。今季GP初戦に向けて、まずは順調な仕上がりをアピールした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です