現役続行の高橋大輔「B級戦に行けるなら」国際大会出場にも意欲

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32=関大KFSC)が12日、自身がプロデュースしたマンション完成発表会に出席した。昨年7月に5季ぶりとなる現役復帰を表明し、昨年12月の全日本選手権で準優勝。3月の世界選手権(埼玉)出場を辞退したが、来季も現役続行を明言。その全日本選手権以来となる公の場となった。

 2019年の目標について「(昨年の)全日本までが大きな目標で、現役復帰してからスタートして年が明けた。次は何に頑張っていこうかなと。ただ、現役を辞めるつもりはない。大きな目標として、滑り続けられるまでは全力の演技を常にしたい」とあらためて現役続行を表明。「今のところ何もなければ全日本に向けてもう一度、頑張っていく」。年末の全日本選手権に視線を定めた。

 スケーティングの向上を実感している。「4回転トーループが跳べたので“サルコーいける”という声もある。可能なら4回転サルコーが成功できるようになれば、うれしい」と笑う。今後のプログラムについては、「ショートプログラム(SP)で4回転を入れたい。今回の全日本ではSPはきっちり決められたんですけど、他の人がきっちり決めたら、SPでもどこ(の順位)にいたか分からない。フリーで2本はぜいたくと思うので、SPとフリーで1本ずつ決められる構成ならいいな」と話した。

 来季の全日本を目指す中で、GPシリーズ出場という選択肢もある。その舞台を視野に入れているのか。その質問には「あまり考えていなかったですね、海外試合は」としながらも「(全日本に)出るとしたら、近畿(選手権)からまたやるかなと思っている。もし(海外の)B級戦とか行けて、自分も行きたいと思うなら、試合はやってみたい。GPは全く頭に入れてなかったです」と正直な胸の内を語っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です