admin のすべての投稿

TDR・90周年をお祝いするスペシャルグッズ約25種類が発売

じゃらんニュース によると。

東京ディズニーリゾート(R)では2018年10月18日(木)から、90周年をお祝いするトートバッグやクッションなどスペシャルグッズ約25種類が発売されます!新しいポップコーンバケットが登場したり、東京ディズニーランドではトゥーンタウンが特別にデコレーションされたりと、グッズ以外も盛り上がりそうですね♪

スクリーンデビュー90周年をお祝いするミッキーのデザインがキュート!
世界中のパークで使われてきたパークチケットやアートなどが散りばめられたデザインになっているグッズが勢ぞろい。
きっと、「これ見たことある!」「懐かしい!」と思わず目を奪われてしまうのでは?その時代のミッキーマウスとの楽しい思い出がたくさん蘇ってきそうですね。
スクリーンデビュー90周年のお祝いで、蝶ネクタイと帽子を身に付けたミッキーマウスがデザインされたぬいぐるみやマグも販売されます。
ぬいぐるみ 3,600円マグ 1,200円トートバッグ 2,900円クッション 2,900円 販売店舗/
東京ディズニーランド「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」
東京ディズニーシー「エンポーリオ」

東京ディズニーランドのキャラクターグリーティング施設「ミッキーの家とミート・ミッキー」内にあるソファをイメージしたミッキーシェイプ柄のソファや、ミッキーマウスのイラストが盤面にデザインされ、「MICKEY MOUSE 90 YEARS」の刻印が入っているウオッチを期間限定の受注商品として販売されます!
東京ディズニーリゾート ミッキーマウス90周年記念ウオッチ 90,000円(送料込み)※受注商品東京ディズニーリゾート ミッキーマウス90周年記念ソファ 216,000円(送料別)※受注商品
東京ディズニーランド「ミッキーの家とミート・ミッキー」のリビングルームにある、あのソファをイメージして作られています!
予約受付期間/2018年10月18日(木)~2019年1月4日(金)
予約受付店舗/
【ウオッチ】
・東京ディズニーランド「ハリントンズ・ジュエリー&ウォッチ」
・東京ディズニーシー「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」
【ソファ】
・東京ディズニーランド「ホームストア」

「蒸気船ウィリー」をイメージしたポップコーンバケットが11/1から発売
ポップコーン、バケット付き 2,500円 たくさんの種類のポップコーンバケットが販売されていますが、今回はアニメーション映画「蒸気船ウィリー」をイメージしたポップコーンバケットが登場!
よーく見てください!ミッキーマウスがちゃんと操船していますよ♪モノクロカラーで映画の世界観をそのままに再現されていて、かわいいですね。
※通年販売商品となります
販売店舗/
東京ディズニーランド:ポップコーンワゴン(ザ・ガゼーボ横)
東京ディズニーシー:ポップコーンワゴン(リドアイル前)

東京ディズニーランドでは2018年11月2日(金)から30日(金)まで、トゥーンタウンの一部に90周年をお祝いするデコレーションが登場しますよ!
お祝い気分を盛り上げてくれる、限定デコレーションは絶対写真におさめたいですね!!
※画像はイメージです
※商品はデザイン・価格の変更や品切れとなる場合がございます
まとめ
ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年をお祝いする特別なデコレーションや、グッズがいっぱいのこの時期、ぜひ足を運んでミッキーマウスのお誕生日をお祝いしてくださいね。
90周年の詳しい内容は、東京ディズニーリゾート特設サイトをチェック!
東京ディズニーリゾート(R)
問合せ/東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター
TEL/0570-00-8632(9時~19時)
料金/1デーパスポート大人(18歳以上)7,400円、中人(12歳~17歳)6,400円、小人(4歳~11歳)4,800円、シニアパスポート(65歳以上) 6,700円ほか

浅田真央、理不尽な採点「ありました」

デイリースポーツ によると。

 昨年4月に現役を引退した女子フィギュアスケーターの浅田真央さん(27)が24日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、五輪への思いを赤裸々に語った。
 2005年に初めて出場したGPファイナル優勝。だが翌年のトリノ五輪には、年齢制限のため出場できなかった。当時、特例なども取り沙汰されたが、浅田さんは「トリノは全然、悔しいとは思わなかった。ルールなので。(出場は)次のバンクーバーだと思っていた」と大人の思惑に左右されていなかったことを明かした。
 その勝負のバンクーバー五輪では銀メダル。「若かったし、自分の気持ちも強かったので2位がすごく悔しかったです」と振り返った。「オリンピックの悔しさは、オリンピックでしか返せないと思っていたので。だからソチまで」と現役を続行した。
 だが最後の五輪となったソチのショートプログラムでは、転倒などもありまさかの16位。「スケート人生であそこまで落ちることなかったんですね。史上初めてです。自分の中で史上最低の順位です」と苦笑い。だがフリーでは日本中を感動の渦に巻き込む圧巻の演技を披露。「精神状態も限界だったので。最終的にはやるしかない、やるべきことやってきたし、最後は自分を信じるしかない」と挑んだという。「すごい緊張していたんですが、曲が始まるといつも練習していたところにふと入れた。最初のトリプルアクセルが降りられたので行けるかなと思った」と圧巻演技の心境を語った。その映像が流されると「汗かいちゃった。本気で見ると、手に汗かいちゃいました」と照れ笑いを浮かべた。
 またフィギュアスケートは採点制のため、MCの阿川佐和子から「あれは『私の方が上の点だわ』というのは?」と問われると「ありました!」と即答。さらに「どう考えても『理不尽だわ』というのは?」の問いにも「ありました!」と再度即答。そのうえで「だけど、だれがなんといっても1番だという演技をしようと思いました」と前向きに捉え、悔しさを原動力にしていたことを明かした。