カテゴリー別アーカイブ: ディズニーの話題

ディズニーのお宝「空飛ぶダンボ」など、総額9億円で落札

Forbes JAPAN によると。

米国のディズニーランド内に展示されていた、懐かしのアイテムがオークションにかけられ、落札金額の総額は830万ドル(約9億2000万円)以上に達した。

ロサンゼルスのアートギャラリー「Van Eaton Galleries」で先日、2日間にわたり開催された展示には数千名がつめかけ、900点に及ぶアイテムを鑑賞した。今回のコレクションはハリウッドのエージェントのリチャード・クラフトが、25年をかけて集めたものだった。

クラフトは当初、これらのアイテムを純粋に個人の楽しみとして収集していた。しかし、彼の4歳の娘が難病のコフィン・シリス症候群を患っていることが分かり、同じ病を持つ子供を支援する団体に寄付する目的で、オークションを開催した。

最高額で落札されたのは、オリジナルのスカイウェイビークルで、ディズニーランドの乗り物としては史上最高額の62万1000ドル(約6900万円)の値がついた。また、「空飛ぶダンボ」の乗り物は48万3000ドル、「ホーンテッドマンション」のポートレイトは40万2500ドル、ドゥームバギーは22万400ドルで落札された。

入札には著名人らも参加し、マジシャンのデビッド・カッパーフィールドは「ディズニーランドホテル」のネオンサインの「D」の文字を8万6250ドルで購入した。カッパーフィールドは家族でそのホテルに滞在した際に、マジシャンになることを思い立ったという。

その他の注目アイテムとしては、「魅惑のチキルーム」内の動く鳥のキャラクターの「ホセ」が42万5500ドルで落札された。ピーターパンの乗り物は25万3000ドルで売れた。

さらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の入り口の標識は26万4500ドルで落札され、ディズニーランド内の標識としては過去最高額を記録した。

TDS「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」…「アナと雪の女王」のエリア

トラベルボイス によると。

オリエンタルランドは東京ディズニーシーを拡張し、2022年度中に新たなディズニーホテルを含む新エリアを開業する計画を発表した。このほど、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーと基本計画について合意した。

8番目のテーマポートとなる新エリアには、既存施設への追加投資で過去最高の約2500億円を投資。「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマに、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界観を再現する3つのエリアで構成。なかには、4つのアトラクションと新たなディズニーホテルを設ける。

「アナと雪の女王」のエリアには、アナとエルサの姉妹のストーリーを巡るアトラクションと、アレンデール場内のレストランを設置。「塔の上のラプンツェル」のエリアには、映画で描かれたランタンフェスティバルを訪れるアトラクションや、映画に登場した荒くれ者たちの隠れ家をテーマにしたレストランを設置する。

「ピーター・パン」のエリアでは、海賊たちと戦う大型アトラクションと、ティンカーベルと要請が住むピクシー・ホロウを訪れるアトラクション、レストランを設置する。

このほか、エリア内に設置するディズニーホテルは、全475室を設置。客室の窓から新テーマポートの全景が見られるようにし、パークと一体になった宿泊体験を提供する。客室には、東京ディズニーリゾートで最上級のラグジュアリー客室も用意する。
なお、オリエンタルランドは、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーとのテーマパークおよびそれに関するライセンス契約について、今後予定する各施設をオープンすることで、現行の最長2046年の契約期間を最長2076年まで延長することで合意した。

映画『プーと大人になった僕』、プーと森の仲間たちのキャラポスター公開

CINRA.NET によると。

公開されたのは100エーカーの森の仲間たちのキャラクターポスター。プーをはじめ、ピグレット、ティガー、イーヨー、カンガ、ルーの姿が捉えられている。同作に登場するキャラクターたちは実際に制作されたぬいぐるみで表現。撮影で使用されたぬいぐるみは、プーのお腹の抱き心地やティガーの表情、イーヨーの「ぐったり具合」など細部までこだわって制作されたという。

9月14日から公開される『プーと大人になった僕』は『クマのプーさん』シリーズ初の実写映画。大人になって妻子とロンドンに暮らすロビンが忘れた「大切なモノ」を届けるため、プーと仲間たちが森を飛び出してロンドンの街にやってくる、というあらすじだ。ロビン役にユアン・マクレガーがキャスティング。日本語吹き替え版では堺雅人がロビン役の声を演じる。

真夏のディズニーを快適に楽しむための必需品5選

講談社 JOSEISHI.NET によると。

今回紹介した商品が来園時に品切れ・販売終了となっている場合には、類似品を見つけて夏を乗り切りましょう!
東京ディズニーリゾートでは夏のイベントが真っ最中!

東京ディズニーシーでは、ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界をテーマとした「ディズニー・パイレーツ・サマー」、東京ディズニーランドでは日本のお祭りをディズニー流にアレンジした「ディズニー夏祭り」を開催しています。

この夏も東京ディズニーリゾートを思う存分楽しみたいところですが、夏のディズニーは紫外線が強烈で、とにかく暑い! 今回は、少しでも快適に楽しむために必要な “紫外線&熱中症対策アイテム” をご紹介します。
紫外線対策
東京ディズニーリゾートに行くと、パレードやショーの鑑賞、アトラクション間の移動……と、どうしても屋外にいる時間が長くなります。すると、必然的に直射日光にさらされることになり、ばっちり日焼けしてしまうことに。夏はもちろんのこと、春や初秋にも紫外線対策グッズは役立ちます。

人気のポンポン付きキャップ
帽子
ジリジリ照りつける日差しから守ってくれる帽子は、紫外線透過率の低い濃い色を選ぶのがオススメです。ただし、濃い色は熱がこもりやすいので、室内に入ったら脱いで熱を逃がすなどの調節を心がけましょう。

UVカットフード付きタオル
フード付きタオル
東京ディズニーリゾートで人気のフード付きタオルにも、2018年から新たにUVカット機能(紫外線遮蔽率90%以上)が付きました。ガーゼ×パイル素材で通気性と肌触りも良く、横幅約150cmと腕までしっかり隠れる大きめサイズなのもポイント。

さらにスナップボタンの留め方でポンチョ風またはボレロ風に羽織れるだけでなく、フードを外してタオルとしても使える多機能デザインです。

外で汗をかいて、レストランやアトラクション内に入り、肌寒く感じた時のちょっとした防寒対策にも役立ちます。

日やけ止め
家を出る時に日やけ止めを塗ったからと言って安心できません。パーク内を散策すると、いつも以上に汗もかくはずなので、いつも以上にこまめに塗り直しをしましょう。

『アナと雪の女王』の人気キャラクター、オラフが描かれた日やけ止めはアイスフラワーの香り。SPF50+ PA++++でしっかり紫外線を防ぎながら、ヒアルロン酸&ハッカ油を配合し、素肌に潤いを与えてくれます。

このほか、ドナルドダックやふしぎの国のアリスなどのデザインの日やけ止めも販売しています。お土産にしても喜ばれそうなアイテムです。
熱中症対策
可愛いキャラクターたちやフォトジェニックなデコレーションなどが満載で、大人もついつい夢中になって遊んでしまう東京ディズニーリゾート。過酷な暑さは熱中症の危険と隣り合わせであることを忘れずに!

冷感タオル
濡らして絞って振ると冷たくなるタオル。首に巻くだけで、ひんやり心地よく、身体にこもった熱を下げてくれます。タオルが触れると服が濡れてしまうこともあるので、襟ぐりが広めの服に合わせるのがベター。首に巻かず、頬やおでこに当てるだけでもクールダウンできます。

ミニファン
ミニ扇風機
風があると体感温度が下がるのでオススメ。高さ約13.5cmのコンパクトサイズなので、持ち運びにも◎。チャーム代わりにバッグに付けておけば、暑いと思った時にサッと使えます。

シェイブアイス(ストロベリーミルク、みかん)
紫外線&熱中症対策をして夏のディズニーを満喫
今回ご紹介したアイテムはすべてパーク内で購入可能なものばかり。手ぶらで行っても、しっかり対策ができますよ。

「日やけしすぎて痛い思いをした」「熱中症で倒れた」なんていう夏の悲しい思い出を作らないためにも、紫外線&熱中症対策と、こまめな水分補給をを心がけつつ、期間限定のイベントや新しいショーなどに沸く夏の東京ディズニーリゾートを少しでも快適に楽しんでください。

※グッズやメニューは、デザイン・価格の変更や品切れとなる場合がございます。

ミッキーマウスやミニーマウスたちと、ニューヨークのさまざまな楽しみ方を発見するショー「ハロー、ニューヨーク!」

デイリー新潮 によると。

高橋みなみがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日のコーナー「これから、東京ディズニーリゾート(R)いっちゃう?」では、東京ディズニーランド(R)と東京ディズニーシー(R)の旬の情報をお届けしています。レポーターを務めるのは歌手のMiracle Vell Magicさんです。
7月26日(木)の放送では、東京ディズニーシーの新しいショー「ハロー、ニューヨーク!」を紹介しました。

コロンビア号からミッキーマウス、ミニーマウス、グーフィーが登場!
「ハロー、ニューヨーク!」は、アメリカンウォーターフロントのニューヨークエリアにある「ドックサイドステージ」で公演されている東京ディズニーリゾート35周年のスペシャルプログラム。ミッキーマウスやディズニーの仲間たちと一緒にニューヨークのさまざまな楽しみ方を発見する新しいショーです。

今回は、Vellさんが「ハロー、ニューヨーク!」の様子をレポートしてくれました。

ニューヨークの街並みをイメージしたセットのコロンビア号からミッキーマウスが登場すると、「すごい、ブロードウェイみたい!」と思わず声を上げるVellさん。そこにミニーマウスとプルート、さらにはグーフィー、ドナルドダック、デイジーダックが次々と仲間に加わります。

ドナルドダッグやデイジーダッグなど仲間たちが加わり、ショーを盛り上げます!
ショーは、歌とダンスでストーリーが展開。ニューヨークの雑踏で起こるハプニングやサプライズ、ダウンタウンのストリートパフォーマンス、セントラルパークの豊かな自然、ブロードウェイのダンスと音楽など、見どころ満載です。

ディズニーの仲間たちとゲストが一体になり、華やかなフィナーレを迎えます
Vellさんは、「アクロバットのパフォーマンスがとにかくすごい! それを目の前で見られるので迫力満点だし、ストリート系のダンスもめちゃめちゃカッコイイ。見ごたえばっちりです!」と、ショーの世界観にすっかり魅了された様子。さらに、フィナーレで35周年テーマソング「Brand New Day」が流れると、Vellさんは「歌詞がニューヨーク仕様で、曲調がすごくポップなバージョンになっています!」と“ディズニー通”ぶりを垣間見せます。そして、キャラクターたちが客席に降りてきてグリーティング(挨拶)をはじめると、Vellさんのテンションは最高潮に! デイジーダックとハイタッチをして「やったー!」と声を上げ感激していました。

ミニーマウスとレポーターを務める歌手のMiracle Vell Magicさん
一連のプログラムを振り返ったVellさんは、「ブロードウェイのミュージカルや音楽、ダンスなど、パフォーマンスが好きな人には本当にたまらないショーになっています」とオススメ。さらに「私はニューヨークの街も大好きなので、とても楽しい時間でした。プライベートでもまた絶対に見に行きます!」と宣言するほどお気に入りのようでした。

Vellさんのレポートを聞いたたかみなは、「ゲストも一緒に作り上げるショーのフィナーレは、暑さも忘れちゃうくらい盛り上がりそう!」と声を弾ませていました。