カテゴリー別アーカイブ: フィギュアな話題

紀平梨花「良い状態でできました」今季世界最高点

日刊スポーツ によると。

シニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)がSPで今季世界最高点の82・51点をマークし、首位発進した。平昌五輪(ピョンチャン・オリンピック)金メダリストのザギトワ(ロシア)が77・93位で2位、坂本花織(シスメックス)が70・23点で4位、宮原知子(関大)が67・52点で6位。

勝負強さが光った。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を含む3つのジャンプなど、すべての要素を丁寧につないで滑りきった。「リンクに立ったときは、特にGPファイナルっていう大舞台っていう意識はしなかった。自分の演技をいかに集中して完璧に滑られるようにと考え、ジャンプのイメージだけして、特に緊張することなく良い状態でできました」。リラックスした状態で力を出し切った。

現地時間午後9時からのSPは、紀平にとって新たな戦いだった。前日5日には「9時からの試合で、今までにないぐらい遅いので、その間に昼寝をするとだいぶ変わる」。この日、午前10時50分から30分間の公式練習では、トリプルアクセル(3回転半)を7本中6本成功。その後はホテルに1度戻り、夜の本番へコンディション調整に励んだ。

今季はGP第4戦NHK杯、第6戦フランス杯で優勝。その余韻に浸りすぎることなく、フランスから帰国した段階で「昼寝を必ずしようと思っている」と戦略を立てた。

脳裏によぎるのは、ジュニア2年目だった17年のジュニアGPシリーズ第7戦イタリア大会だ。フリーは午後5時45分開始とそれほど遅くなかったが「昼寝でうまく寝られなかった。足の力が抜けていて、あの時はステップで2回こけてしまった」。欧州や北米などの時差とも格闘し、多くの経験を積みながら「その時は何が原因か、考えても経験不足だった」と答えにたどり着きつつある。

だからこそ、今大会は2日に現地入りし、SP前日の公式練習前に丸2日の調整日を設けた。ホテルではバスタオルで枕の高さを調整し、これまで以上に時間の使い方にこだわった。シニア1年目を勢いよく駆け抜けながら、同時に長く結果を残す方法を追い求める。

中1日のフリーは8日(日本時間9日)に行われる。「伸びしろがあるかどうかとかをジャッジスコアとかで確認して、どこを伸ばしていきたいかを確認したいと思います」と、気を緩めず完全優勝を狙う。

フェルナンデス引退に海外ファン感謝の輪「あなたの貢献は未来のスケーターの財産」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が1月の欧州選手権(ベラルーシ)を最後に競技引退することを表明。複数の海外メディアが報じて驚きが広がっているが、27歳の名手のキャリアの区切りに対し、海外ファンに「あなたがしたこと全てに感謝」「全ての喜びをありがとう」と感謝の輪が広がっている。

 力強いジャンプと、美しいスケーティング。そして、コミカルなエキシビションなど、氷上を常に明るく照らしたフェルナンデスが第一線から退くことになった。

 15、16年の世界選手権を連覇した27歳。羽生結弦(ANA)と同じブライアン・オーサー氏に師事し、良きライバルであり、良き盟友でもあった。平昌五輪ではスペイン人初メダルとなる銅を獲得し、羽生、宇野とともに表彰台に。長年に渡って世界のファンから愛された名手だった。

「ありがとう、素晴らしい友人たち!」と記した最新のツイッター投稿には、歴戦のキャリアに対する労いとともに感謝の声が海外ファンから送られている。
「ハビエル・フェルナンデス、あなたはとても偉大だ」
「全ての時間をありがとう。格別だった」
「あなたがしたこと全てに感謝。これからもスケートを続けて」
「あなたの貢献は未来のスケーターの財産になるでしょう」
「与えてくれたことに感謝しているよ」
「全ての喜びをありがとう」
「私たちに楽しみをくれた」
「ハビエル・フェルナンデス、あなたはとても偉大だ」
「新しいプロジェクトにも期待している」
「あなたがベストだ」
「あなたの人生に幸あれ」

 最後の舞台は1月の欧州選手権。大会7連覇がかかっている。最後に偉業を成し遂げ、選手としてのキャリアの花道を飾れるか。その勇姿を目に焼き付けたい。

羽生結弦「すぐ捻挫してしまうのは本当に悔しい」

スポニチアネックス によると。

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)がフリー1位の167・89点、合計278・42点で優勝を果たした。公式練習中に右足首を痛めるアクシデントがあったが、急きょ演技構成を変え、完勝。自身初のGPシリーズ連勝となったが、今後の試合出場は不透明となった。

 ――GP2連勝

 「悔しさがメラメラなんで、これから頑張りたい」

 ――苦しみながらもやりきった

 「構成を落としているので、体力自体はもったけれど、最後ふわふわしちゃいました」

 ――右足首の状態は

 「去年のNHK杯以降、弱かった右足首がさらにゆるくなっている。ほんのちょっとの衝撃でも、すぐ捻挫してしまうのは本当に悔しい」

 ――(プルシェンコさんの代名詞の)ビールマンスピンを練習していた

 「コーチには(他の演技構成が)全部できたらやっていいよと言われていた。できなかったのが凄い悔しい」

 ――次戦は?

 「引退はしませんよ」

 ――ファイナル、全日本は?

 「今日みたいな構成で勝てるとは思っていない。今日も悪化させるような演技をしている。考えないといけない」

羽生結弦がロシア杯優勝、右足首負傷も滑り切る GP2連勝

AFP=時事 によると。

18-19フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯(Rostelecom Cup 2018)は17日、モスクワで男子シングル・フリースケーティング(FS)が行われ、平昌冬季五輪チャンピオンの羽生結弦(Yuzuru Hanyu)が右足首のけがを乗り越えてGP2連勝を飾った。

 五輪2大会連続金メダリストの23歳は、前日のショートプログラム(SP)で世界最高得点をたたき出し、2位に20点差をつける好発進を決めていたが、この日の公式練習で転倒し、前年のGPファイナル欠場につながった時と同じ右足首を負傷。練習を途中で切り上げ、痛めた箇所をアイシングしながらリンクを後にした。

 それでも羽生はリンクに戻って来て大会に出場し、ミスはあったもののエドウィン・マートン(Edvin Marton)氏の「アート・オン・アイス(Art on Ice)」に乗せた演技を滑り切った。羽生が滑り終えると、メガスポルト・アリーナ(Megasport Arena)に駆けつけたファンは「くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)」のぬいぐるみを投げ込んで健闘をたたえた。

 得点は167.89点で、合計278.42点。これで第3戦フィンランド大会(ISU Grand Prix of Figure Skating 2018 Helsinki)に続く連勝を飾り、カナダ・バンクーバーで12月に行われるGPファイナル進出を決めている。

 羽生はオリンピック・チャンネル(Olympic Channel)で「朝の練習でひねってしまった。去年ほどひどくはないが痛い。構成を変えなくてはならず、良い演技をできなくて残念に思う。もっと良い演技がしたかった」とコメントした。

 モリス・クビテラシビリ(Morisi Kvitelashvili)が「ロックオペラ モーツァルト(Mozart L’Opera Rock)」の楽曲に乗せてほぼミスのない演技を披露し、羽生と約30点差の2位に入った。ジョージアの選手がGPシリーズの表彰台に入るのは初めてとなる。

 友野一希(Kazuki Tomono)がSP4位から一つ順位を上げ、合計238.73点で3位に入った

羽生結弦、男子フリー世界最高得点でV フィギュアGP

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会最終日は4日、ヘルシンキで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)首位で平昌(ピョンチャン)五輪で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)が190・43点を出し、合計297・12点。ともにルール改正後の世界最高得点となった。ファイナル4連覇を含むGP9勝目をめざす。SP7位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)はフリーで126・22点で合計206・82点。

 3日の女子フリーでは、SP7位の坂本花織(シスメックス)が140・16点で2位となり、合計197・42点で総合3位に入った。2位だった第1戦のスケートアメリカに続く表彰台。SP2位の白岩優奈(関大ク)はフリーで127・69点の5位となり、合計191・46点で総合4位。SP11位の本郷理華(中京大)はフリー7位で、合計156・59点の総合10位だった。SP1位で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がフリーでも146・39点で1位になり、合計215・29点で優勝を飾った。昨季のファイナルを含むGP4勝目。