カテゴリー別アーカイブ: フィギュアな話題

羽生結弦、復帰戦Vもフリー2位に「もっと強くなりたいと心から思う」

スポーツ報知 によると。

五輪連覇の羽生結弦(23)=ANA=は4回転サルコーで転倒するなど、フリーで165・91点の2位にとどまったが、合計263・65点で2月の平昌五輪以来の復帰戦を優勝で飾った。今季は勝負よりもスケートを楽しむことを目標に掲げていたが、不満が残る右足首故障からの復帰戦に、「今はもう『勝ちたい』しかない」と、再び闘争心を燃えたぎらせた。

 フィニッシュで上げた左腕を下ろしながら、羽生は悔しそうに何かを叫んだ。肩で息をしながら、表情をゆがめた。自分への怒りから、なかなか立ち上がることができなかった。

 「めちゃくちゃ悔しい。試合で勝ちたい気持ちがすごく強くなった。五輪が終わって、ちょっと抜けていた気持ちの部分が、また自分の中にともった。火をつけられたような状態」

 16歳の車俊煥(韓国)にフリーで敗れ、合計でも3・87点差と迫られた復帰戦が闘争心に再点火した。

 4回転サルコーで転倒後、4回転トウループ―3回転半(トリプルアクセル)の連続技に試合で初めて挑んだが、4回転が2回転になり失敗。スピンでは、条件を満たしていないとみなされたものが2つあった。「自分が滑りたかったプログラムに対しての実力が、あまりにも足りない。体力も足りない」。芸術面を評価する演技構成点は2016年のスケートカナダ以来約2年ぶりに、全5項目が8点台にとどまった。

 憧れるロシアのエフゲニー・プルシェンコの演目「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジしたフリーは、原点回帰の意味を込め「Origin」と名づけた。全てをささげてかなえた五輪連覇の翌シーズンは、結果にこだわらず幼い頃のようにスケートを楽しもうと誓ったが、初戦で早くも変心。「今はもう『勝ちたい』しかない。それが一番自分らしいのかも。頑張ったって言えるぐらい練習していきたい」と、目に力を込めた。

 次戦のGPシリーズ・フィンランド大会は1か月半後に控える。「もっと強くなりたいと心から思う。しっかりと計画を練って、最短で強くなりたい」。去り際にポツリと言った。「勝たなきゃ意味ないんで」。羽生節が帰ってきた。勝負にこだわることで自らを高めてきた王者は、競技者としての原点に回帰する。

羽生結弦、今季初戦V…SPのリード守る 転倒、タイミング合わないシーンも

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのオータム・クラシック第3日は22日(日本時間23日)、カナダのオークビルで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(23=ANA)が、2位の165・91点、合計263・65点でリードを守り、2月の平昌五輪以来となる今季初戦を優勝で飾った。

 羽生は初披露されたフリーの衣装で冒頭の4回転を決めたものの、後半でのジャンプで転倒、タイミングが合わないシーンもあり演技終了時には肩で息をし、厳しい表情を見せた。

 前日のSPではスピンでミスが出たが、サルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決め97・74点で首位に立っていた。

 フリーの使用曲「Origin」は、エフゲニー・プルシェンコ氏(35)の伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」で使用された曲をアレンジしたものとなる。かつて「ニジンスキーに捧ぐ」で満点を連発したプルシェンコには4月のアイスショーで会った際に許可を得て「頑張ってね」と激励されたという。羽生は「プルシェンコさんの『ニジンスキーに捧ぐ』は素晴らしいプログラムで消えることはないと思う。それとは別に、自分のプログラムとして完成させたい」と意欲を語っていた。

 また、今季男子はフリーの演技時間が現行の4分半から女子と同じ4分に短縮され、ジャンプの数も8から7に減った。羽生も「実はきつい。(プログラムが)忙しい」と語っていただけに、新プログラムには注目が集まっていた。

 SP2位の車俊煥(韓国)がフリー1位の合計259・78点で2位に入った。

羽生結弦、今季初戦で貫禄のSP首位、続々称賛「楽に首位の座についた」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシック(カナダ)は21日、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦(ANA)が97.74点で首位。スピンが0点になるミスがありながら貫禄を見せつけた。平昌五輪以来となる演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで公開するなど、さすがの注目度を見せているが、海外メディアも「キングが帰ってきた」「ハニュウは必見もの」などと王者の帰還に賛辞を送っている。

 王者が銀盤に帰還を果たした。淡いブルーの新しい衣装に身を包んだ羽生は、冒頭の4回転サルコーを完璧に着氷。得意のトリプルアクセルも決めた。連続ジャンプがやや乱れ、スピンにミスもあったが、堂々の97.74点で首位発進。まずは上々の滑り出しとなり、リンクにはお決まりのくまのプーさんのぬいぐるみが降り注いだ。

「オリンピックチャンネル」公式ツイッターは羽生の単独インタビューとともに、美しく4回転サルコー、トリプルアクセルを決めた瞬間などを動画付きで公開。世界のファンを魅了させていたが、公式サイトでも「ユヅル・ハニュウがオータム・クラシックのショートプログラムで首位発進」と見出しを打って特集している。

「キングが帰ってきた」と情緒的な紹介をした上で「彼のショートプログラム『Otonal(秋によせて)』は決して完璧というわけではなかったが、楽に首位の座についた」と貫禄の首位発進を伝えている。「ネガティブな採点を受けたわけではないが、ハニュウは自身のパフォーマンスには満足していないようだ」とし、満足することがなかった羽生のコメントを紹介している。
米ベテラン記者も高評価「ハニュウは必見ものだった」
 イタリアメディア「OAスポーツ」は「ショートプログラムで97.74点を記録したユヅル・ハニュウが良い形でシーズンデビュー」と見出しを打ち、美しい4回転サルコー、高さのあるトリプルアクセルを決め、得点については今後の大会を重ねるにつれもちろん伸びてくるとの見方を示している。

 また、米国の熟練記者、フィリップ・ハーシュ氏は「4T-3Tでの不安定な着地や完全ではないスピンもあったが、ハニュウは必見ものであった。大小問わず多くの美しい要素があった、イナバウアー、スプレッドイーグル、素晴らしいステップシークエンス。そして、結果は97.74だ」とツイートし、高く評価している。

 もちろん、100%の出来ではないが、それでも観る者を魅了するのが王者の貫禄だ。フリーではどんな演技を見せてくれるのか。羽生のすべてに注目が集まる。

真央は白の和装姿、石川は赤を基調としたエレガントな衣装で…

東スポWeb によると。

 フィギュアスケートの元世界女王、浅田真央(27)と卓球女子の石川佳純(25=全農)が19日、都内で行われたエアウィーヴの新商品発表会で初対面した。

 真央は白の和装姿、石川は赤を基調としたエレガントな衣装で登場。真央が「佳純ちゃんとお会いしたかった。今日はワクワクして来ました」と言うと、石川も「ずっとお会いしたいなと思っていた。すごくうれしいです」と呼応し“相思相愛”をアピールした。

 真央は先輩アスリートとして東京五輪を目指す石川に「とにかくケガをしないようにして最後まで自分の思う夢、目標をかなえてもらいたいな」とエール。石川も「後悔のないように一日、一日を過ごして、最高の形で東京五輪を迎えられたらいいなと思います」と約束した。

 また、石川はテニスの全米オープン女子シングルスを初制覇した大坂なおみ(20=日清食品)に刺激を受けたことを明かし「同じ事務所ということもあって、なおみちゃんと呼ばせていただいている。全米で優勝、本当にすごいなと思いました。東京五輪に向けてすごく刺激をもらいましたし、自分自身も活躍できるように頑張りたい」と気合を入れた。

宮原知子が今季初戦で優勝 3回転ルッツ転倒もまずまず演技

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、平昌五輪代表で女子ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)は、フリー1位の133・70点をマークし、合計201・23点で優勝した。

 今季初戦をまずまずの形で終えた。肩が大きくあいた黒のシックな衣装は、スカート丈がアシンメトリーになっており、大人の雰囲気。真っ赤な髪飾りもつけて登場した。

 冒頭の3回転サルコーが2回転に、続く3回転ルッツで転倒したが、その後はしっかり演技をまとめた。スピンやステップではしっかり最高評価のレベル4を獲得。小さな体を大きく使い、優雅で力強い演技を見せた。

 白岩優奈(関大KFSC)はフリー4位の115・39点、合計170・74点で5位だった。