カテゴリー別アーカイブ: フィギュアな話題

宇野昌磨、今季初戦に臨み、「新ルール効果」で首位発進

日刊スポーツ によると。

男子SPで平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銀メダルの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が今季初戦に臨み、104・15点を記録し首位発進した。新ルール適用のため今季前に得点記録がリセットされ、SP100点台は一番乗り。昨季までの自己ベスト104・87点に迫る好演技だった。冒頭の4回転フリップは3・74点の出来栄え点(GOE)を導き「新ルール効果」も出た。5位の友野一希(20=同大)とともに、今日15日のフリーに向かう。

宇野の代名詞は、今季初戦からしっかりとした評価を得た。新SP「天国への階段」の冒頭。スムーズな流れで踏み切った4回転フリップは練習通り、きれいに着氷した。リンクの脇で7人中3人のジャッジが4点、残る4人が3点の加点をモニターに打ち込む。宇野は「靴ひもを強く結びすぎて、滑った直後はどうなるかと思った」という心境だったが、決めきった。

続く4回転-2回転の連続トーループ、演技後半のトリプルアクセル(3回転半)も成功。3つのスピンは当たり前のように最高評価のレベル4を獲得した。「いい演技をしたいと思っていた。みなさんが見て足りないところがあれば、指摘していただければと思います」。宇野らしい不思議な「お願い」が出るほど表情は明るく、「練習通りが出せた。ちょっとうれしい」と手応えをつかんだ。

確定したスコアにも質の高さは示された。演技全体の流れを生んだ4回転フリップは3・74点の加点。昨季までの旧ルールでは7段階だったため、加点の上限値は3点だった。それが最大5点の11段階となり、新たな境地を体験した。夏場の時点で「加点が大きく変わるので、新しいジャンプを入れるより、跳べるジャンプを確率良く、きれいにそろえられるようにしたい」と見据えていた新ルール。“自己ベスト”に迫りながらも「ステップをもっとエネルギッシュにいくべきだった」と課題を挙げ、伸びしろもたっぷり残した。

中1日で迎えるフリーは演技時間が今季から30秒短縮され、ジャンプやスピンが矢継ぎ早にやってくる。オフに取り組んだ体力強化の成果は「フリーが終わっていないので、大きな声では何も言えないけれど、体力面は不安はない」。その上で「これでフリー終わって疲れていたらすごく恥ずかしいので、今は何も言えないです」と笑った。普段通りの姿を見せれば、恐れるものは何もない