カテゴリー別アーカイブ: 話題

「トイ・ストーリー見るたびに捨てにくくなる」 おもちゃの断捨離ってどうしてる?

レタスクラブニュース によると。

子どもが成長するにつれて徐々に使わなくなっていく“おもちゃ”。収納するスペースもなく「捨てたい」と思っても、実際なかなか捨てにくいという人も多いはず。最近では“おもちゃの断捨離”が、ネット上の主婦たちを中心に話題になっています。

■ 要らなくなったおもちゃってどうしてる?

きっかけは「積み木などで遊ばなくなったのですが、もしかしたらまだ使うかもと思うと捨てられません。どのタイミングで断捨離しましたか?」という主婦からの質問。おもちゃを捨てるタイミングで迷っている人は多いようで、ネット上では「勝手に捨てると子どもは怒るし、捨てないとたまっていく一方だし悩むよね」「トイ・ストーリー見るたびに捨てにくくなる(笑)」と共感の声が続出していました。

おもちゃに関しては“捨てる派”と“譲る派”“取っておく派”の3つに分かれるようで、“捨てる派”からは「子どもが飽きたら捨てる」「おもちゃを一つ買ったら、一つ捨てるを絶対的なルールにしてる。捨てるものは子ども本人に選ばせて、捨てたくないなら新しいものは買わない」といった意見が上がっています。

また“譲る派”には親戚や友人の子どもにあげる人と、幼稚園や施設に寄付するという人が。実際に「おもちゃのリユース」を専門に行うNPO法人などもあり、おもちゃを“処分”するのに抵抗がある人からも人気を集めているようです。

中には「捨てられなくてとってあったシルバニアファミリーが娘たちに大人気です」「33歳の弟のお古のトミカ、プラレール、私の積み木、絵本、レゴなど30年前のもので子どもたちが遊んでます」と親子でおもちゃを使っている人も。プラレールやトミカ、シルバニアファミリーのように子どもたちから不動の人気を得ているおもちゃは、時代を超えて引き継がれる場合が多いのかもしれませんね。

■ おもちゃと上手にお別れする「ハッピーりぼーん」プロジェクト

実は“おもちゃを捨てる”ことをきっかけに、子どもたちにものの大切さや環境への意識を持ってもらおうというプロジェクトも行われています。「日本マクドナルド」は2018年5月まで“ハッピーセット”のおもちゃをリサイクルする「ハッピーりぼーん」プロジェクトを実施。同プロジェクトは「子どものキモチも大切にしながら、上手におもちゃとお別れさせたい」というお母さんたちの願いを受けて行われたものです。

お母さんたちの悩みを解決するために、マクドナルドでは使わなくなった“ハッピーセット”を回収するための専用ボックスを設置。プロジェクトに参加することで緑のバングル「ハッピーりぼーん」がプレゼントされ、回収されたおもちゃは「トレイ」として再利用されます。このプロジェクトには利用者から「いっぱい遊んだおもちゃがまた生まれ変わるっていうコンセプトがいいよね」「うちの子どもが『おもちゃときちんとお別れする!』と張り切ってました。リサイクルされることもわかってるみたいでとてもいいプロジェクトだと思います」と好評の声が続出。

ただ“捨てる”だけでなく、さまざまな選択肢があるおもちゃの断捨離方法。捨てづらくて困っている人は、別の方法を選んでみるのもいいかもしれませんよ。

浅田真央、理不尽な採点「ありました」

デイリースポーツ によると。

 昨年4月に現役を引退した女子フィギュアスケーターの浅田真央さん(27)が24日放送のTBS系「サワコの朝」に出演し、五輪への思いを赤裸々に語った。
 2005年に初めて出場したGPファイナル優勝。だが翌年のトリノ五輪には、年齢制限のため出場できなかった。当時、特例なども取り沙汰されたが、浅田さんは「トリノは全然、悔しいとは思わなかった。ルールなので。(出場は)次のバンクーバーだと思っていた」と大人の思惑に左右されていなかったことを明かした。
 その勝負のバンクーバー五輪では銀メダル。「若かったし、自分の気持ちも強かったので2位がすごく悔しかったです」と振り返った。「オリンピックの悔しさは、オリンピックでしか返せないと思っていたので。だからソチまで」と現役を続行した。
 だが最後の五輪となったソチのショートプログラムでは、転倒などもありまさかの16位。「スケート人生であそこまで落ちることなかったんですね。史上初めてです。自分の中で史上最低の順位です」と苦笑い。だがフリーでは日本中を感動の渦に巻き込む圧巻の演技を披露。「精神状態も限界だったので。最終的にはやるしかない、やるべきことやってきたし、最後は自分を信じるしかない」と挑んだという。「すごい緊張していたんですが、曲が始まるといつも練習していたところにふと入れた。最初のトリプルアクセルが降りられたので行けるかなと思った」と圧巻演技の心境を語った。その映像が流されると「汗かいちゃった。本気で見ると、手に汗かいちゃいました」と照れ笑いを浮かべた。
 またフィギュアスケートは採点制のため、MCの阿川佐和子から「あれは『私の方が上の点だわ』というのは?」と問われると「ありました!」と即答。さらに「どう考えても『理不尽だわ』というのは?」の問いにも「ありました!」と再度即答。そのうえで「だけど、だれがなんといっても1番だという演技をしようと思いました」と前向きに捉え、悔しさを原動力にしていたことを明かした。

「新潮45」寄稿文の危険性、痴漢とLGBTの権利をなぜ比べるのか!

ハフポスト日本版 によると。

「新潮45」2018年10月号に掲載された小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」
月刊誌「新潮45」が9月18日発売の10月号で、同性カップルを念頭に「生産性がない」などと主張した杉田水脈衆院議員(自民)の寄稿を擁護する特集を掲載し、批判を受けている。

新潮社は21日、公式サイトで声明を発表。「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」としたが、謝罪の文言はなかった。

特集では、7人の保守派論客による寄稿文が掲載された。その中でも、文芸評論家・小川榮太郎氏による寄稿文を問題視する声がネット上で相次いでいる。

小川氏は記事の後半、LGBT当事者が生きづらいなら「痴漢症候群の男」なども生きづらいと主張。「(痴漢の)再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事」とし、(LGBTの権利を保障するなら)「彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと綴った。

これに対し、「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」と、『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者で、精神保健福祉士・社会福祉士(大森榎本クリニック)の斉藤章佳氏は指摘する。

小川氏の寄稿文の問題点は、何なのか?斉藤氏の主張を聞いた。
「触られる方が悪い」という話になりかねない

▼以下、小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」より抜粋。

「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ。ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである。

満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深ろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。

彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。」

—-

小川氏は論考の中で、LGBT当事者の人権を尊重することについて、「(痴漢する人の)触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか」と反論している。

しかし、斉藤氏は「LGBT(性指向と性自認)の権利と痴漢加害者(性嗜好)の権利を同列に並べるのは、非常に問題がある」と指摘する。

「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」

「さらに、『触る権利を保障するべき』という主張そのものが、男尊女卑や女性蔑視でもあります。痴漢の加害者は圧倒的に男性が多い。触られる側、つまり痴漢被害者である女性の人権や心情を一切考慮しておらず、この論考をさらに発展させると、『触られる方が悪いんだ』という話にもなりかねません。まさに、セカンドレイプの温床になってしまうような、危険な主張と言えます」

100均の食洗機用小物カゴで洗いにくさ解消

レタスクラブニュース によると。

食洗機を使っている皆さん、お弁当に入れる小さいシリコンカップやキャラ弁に活躍する抜き型など、細かいものって中でちらかったり、行方不明になったりして大変じゃないですか? かといって、手洗いするのも面倒くさいし、汚れも落ちにくいし。どうにかならないかな……。

そんな悩みを解決してくれるのが、キャンドゥで見つけた食洗機用小物カゴ! わが家では重宝しています。大小1つずつのセットになっているので、洗いたいもののサイズに合わせて便利に使える点が魅力です。

大サイズは縦47×幅110×奥行き143mm、小サイズは縦40×幅76×奥行き101mmとなっています。耐冷・耐熱温度は-20℃~140℃です。

小物をこのカゴに入れることで、食洗機の水圧で飛ばされることなく安心して洗えます。コンパクトなサイズなので使わないときも場所を取りません。これで食洗機の中で小物が散らかる心配はなくなりますね。

止め具が4カ所あるので、フタをするときは確実に閉めるようにしてください。そうすれば立てて入れることができます。乾燥温度切り替え機能のある食洗機の場合は、低温設定に切り替えてくださいね。

わが家では娘のお弁当に使うピックやシリコンカップを入れています。今までは細かくて洗うのが面倒だったし、気づいたらなくなってしまったりすることがありました。でも、小物カゴのおかげでそんな心配も不要になり助かっています! 日本製というのも、うれしい安心ポイントです。

よく同じようなものを見かけていたのですが400円~600円くらいするので高いな~と思っていました。まさかの100円でGETできてラッキーです♪

羽生結弦、今季フリープログラムは 憧れの曲を採用して「原点回帰」

webスポルティーバ によると。

8月30日、カナダ・トロントのクリケットクラブで羽生結弦の公開練習が行なわれ、現地の正午過ぎに、羽生はリンクに上がって滑り出した。そして、その2分後には、力みのないきれいな4回転トーループを決める。続けて、4回転サルコウも跳んでキレのいい動きを見せた。

この日練習したのは、新しいフリープログラム。いくつかのパートに分けての曲かけ練習をした。

「4回転に関しては、ルッツは、やれば跳べるという感覚はありますけど、ケガを再発させないようにということで、しばらくはやめておこうというのはあります。でも、トーループとサルコウ、ループまでは、現状では戻ってきているかなという感覚はあります」

羽生自身がこう言うように、最初の曲かけでは4回転ループと4回転トーループを確実に決め、少し間を取ってからは3回転ループを跳び、4回転サルコウに挑んだ。

そして、中盤からの曲かけでは4回転サルコウ+3回転トーループを決め、続けて4回転トーループ+1Eu+3回転サルコウ(これまでハーフループと呼んでいた1回転ループは、今季からシングルオイラー:1Euと表示される)を難なく決める。

終盤の曲かけでは、トリプルアクセル+2回転トーループからコリオシークエンス、単発のトリプルアクセルを決め、ふたつのスピンまで滑った。

この新しいフリープログラムは、エフゲニー・プルシェンコの『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジしたもの。曲は『アート・オン・アイス』をベースにしたもので、プログラム名を『Origin』(オリジン)と名付けた。また、新しいショートプログラム(SP)は04年から06年にジョニー・ウィアがフリープログラムに使っていた『秋によせて』を使用することを明らかにした。

「フリーは自分のなかで起源とか、始まりという意味を持たせたかったので、こういうタイトルにしました。プルシェンコさんの『ニジンスキーに捧ぐ』は一生消えないと思うし、僕の中でも大切なもの。それを最初に見た頃は、ニジンスキーを滑っているときのプルシェンコさんの圧倒的なオーラやポーズ、一つひとつの音に合わせている動きやジャンプ、そういったものにすごく惹かれた記憶があります。

たしかに僕はスケートを始めたころから楽しくやっていましたし、先生方にも一生懸命教えていただいていたけど、自分自身『この競技を極めたい』『五輪で金メダルを獲りたい』というような、具体的な目標はないままやっていました。でも、ソルトレークシティ五輪やその前、その前の前のシーズンのプルシェンコさんやアレクセイ・ヤグディンさん、本田武史さんたちの演技があったからこそ、『この世界で1位になりたいな』『プルシェンコさんみたいに金メダルを獲りたいな』と思うようになったんです」