11月 062016
 

GOAL によると。

火曜日の朝、ボルシア・ドルトムントの練習場で起こったことは確かに奇妙だった――。

その場に居合わせた記者たちは、怪我による長期離脱組以外は全員がそろっていると思っていた。だが後になってようやく、先週の土曜に行われたレヴィアダービーのシャルケ戦でまだピッチに立っていた一人の選手がそこにいなかったことに気づいたのだ。

というのも、そこには香川真司の姿がなかったからだ。今なら、あの日本人はとても小柄だから、大勢の練習グループの中に紛れてるんだろうと言うかもしれない。だがひょっとしたら、ただ単に、結局どっちみち彼は目につかないという印象を持っていたせいだったかもしれない。

なぜなら、すでに27歳になる香川のプレーにはここ数週間特に目を引くようなところがなかったからだ。ゴンサロ・カストロとラファエル・ゲレイロが怪我で休まざるをえなかった期間は、香川にとって今後も試合に出るために自分を売り込むチャンスだったのだが、事はうまくは運ばなかった。マリオ・ゲッツェの隣で彼は消えてしまい、ほとんど試合に参加していなかった。

トーマス・トゥヘル監督の下で試合に出るためには、がむしゃらになって戦わなければならなかったのだが、相手ゴールを脅かす危険な存在感を発揮できなかったのはもちろん、時折ドルトムントの攻撃中に最前列で傍観者になっていた。水曜に行われるチャンピオンズリーグのスポルティング・リスボン戦は、くるぶしの腫れのため欠場してスタンドで観戦しなければならない。

■香川は機能していない

これまでにスポルティング・リスボン、インゴルシュタット、シャルケとの3戦で香川は先発に起用されているが、その際得られた苦い認識は中盤に置かれた香川がちゃんと機能していないということだ。もともと香川は、試合に落ち着きと視野の広さをもたらすということで知られている。香川のボールさばきの巧みさはトゥヘルも評価している。しかし、それが活かされるシーンは少なく、1対1の状況で相手をかわすことがほとんどない。デュエルでの彼の勝率はたったの41.7%である。

良かったのはドイツカップの時だけ:ゴールを挙げてウスマン・デンベレと共に喜ぶ香川

それに、もはや香川はゲームを指揮してパスを出す危険な選手ではなくなっている。自分でも、他の選手を使っても、相手ゴールを脅かすことがめったにない。確かに味方の陣地ではボールを先へ運び、素早く方向転換して相手選手を置き去りにすることができる。だがアタッキングサードへ入るやいなや、彼の推進力は消えてしまう。

■数字を見れば彼の不調がわかる

香川のパスは以前と同じように安定している。彼が出すパスの89.3%が味方につながっており、敵陣ではその率は89.7%に上る。しかし、深いところへのスルーパスはめったにない。味方に斜めパスや、それどころかバックパスを送る方を好み、リスクを冒すのを避けている。彼のゴールについても同じことが言える。リーグでこれまで6回投入されてゴールはゼロ、アシストもひとつもない。それでも、味方の5本のシュートはお膳立てした。

香川が喜ぶ姿を見る機会はますます減っている

香川がゲッツェの隣で旋風を巻き起こし、2人がドルトムントに勝利に次ぐ勝利をもたらして栄光に包まれていた時代はとうの昔に過ぎ去った。失意のマンチェスター・ユナイテッド時代を経て、香川は今なおかつての調子を、とりわけ今は失われてしまった相手ゴール前での軽快さを取り戻そうと努めている。そういう状況の中、このテクニシャンにとっての今シーズンはドイツカップのアイントラハト・トリーア戦で非常にいいスタートを切った。彼は2得点を挙げたのだ。当時トーマス・トゥヘル監督は夢中になって彼のことを話題にした。香川は「すばらしいパフォーマンスを見せている、今シーズンもそうだが、昨シーズンの終わりもそうだった」、さらに「気持ちを入れてどんな練習メニューもなおざりにしない」、「全くの手本だ」と。

■ベンチ要員の危機

しかしおそらく近い将来、この”お手本”はベンチから試合を見るしかなくなるかもしれない。カストロ、ゲレイロ、さらにアンドレ・シュールレもチームの練習に復帰すれば、トゥヘルはシーズンの初めに成果を出した攻撃的な選手をたち再び引っ張り出すだろう。チャンピオンズリーグのスポルティング戦も香川は怪我のせいで休むことになるだろうから、なおさらその可能性が高い。しかし今後の試合のプラン設計において、どっちみち香川にはそれほど重要でない役割しか与えられないだろう。「パフォーマンスの密度が高ければいろいろなポジションをめぐって厳しい競争になる」と、かつてドルトムントのGMミヒャエル・ツォルクはドイツ誌『キッカー』に語った。「それは望ましいことだ」と。

真価を示す機会を与えられはしたが、香川はこの競争から脱落することだろう。いずれにせよ、スターティングメンバーへの起用はとりあえずまだ遠い先の話になった。それどころか長期的に見れば、彼には今ベンチ要員の危機が迫っているのかもしれない。多くの負傷者が戻って来るのはベンチ席なのだから。「我々は新しい役割を見つけ出す必要がある」と、先日トゥヘル監督は説明していた。香川はこのチャンスを逃したようだ。

 Posted by at 12:20 AM
4月 292016
 

西日本新聞 によると。

 熊本地震の発生から2週間で、震度1以上の有感地震の発生数が千回を超えた。同じ内陸型の阪神大震災や新潟県中越地震と比べても速いペースだ。14日と16日に震度7の地震が連続して発生し、その影響が広範囲に及んでいることが要因とされる。過去に例を見ない経過をたどる熊本地震。活断層にはまだ「割れ残り」も指摘され、予断を許さない状況が続いている。

 「過去の経験予測が当てはまらない」。14日に最初の地震が発生してから6日後の20日、気象庁の青木元地震津波監視課長は「余震発生確率」の公表を見合わせる考えを示した。

 余震発生確率は、阪神大震災を機に導入された。被災者により高い注意を促すためだ。この通例に従い、気象庁は一夜明けた15日、「3日以内にマグニチュード(M)6・0以上の発生確率は20%」とする余震発生確率を公表していた。

 ところが直後の16日未明、M7・3の激震が襲う。「過去の経験予測」が当てはまらない事態に気象庁は当惑。2週間で千回のハイペースについても「異常事態」と受け止めている。

 気象庁によると、28日午後11時までの有感地震の発生数は1027回。新潟県中越地震の場合、千回に達したのは1年後だった。阪神大震災は震度計が少なく比較できないが、M3・5以上に限ると、阪神が2週間で95回だったのに対し、熊本地震は熊本地方だけでも218回(28日午後1時現在)に上っている。
.

連なる断層帯「異常」誘発 活断層にはまだ「割れ残り」? 熊本地震1000回超

グラフ

小さな活断層が複雑に分布

 ハイペースの理由は何か。東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授(地震地質学)は「M5、6級が何度も起き、それらの余震が幾重にも重なっているのではないか」と分析する。

 これまでの地震は震源地周辺で余震を繰り返していたが、熊本地震は前震と本震の震源地だった熊本地方だけでなく、阿蘇、大分県中部の計三つのエリアに広がる。千回は、各エリアで起きている地震を積み重ねて合計したもので、範囲が広い分、ペースも自然と速くなる。

 広範囲に及んだのは「これらのエリアは断層が多く、誘発されて、それぞれに地震を起こしていると考えられる」(遠田教授)。

 気象庁などによると、震源が浅いことも理由の一つとされる。余震は、本震で破壊されずにひずみの残った地盤が、後に割れることで発生する。震源が浅いと地中の圧力が弱いため、押さえつけられることなく、地盤が割れやすくなる。特に九州は小さな活断層が複雑に分布しており、地震を誘発しやすい環境にある。

 Posted by at 9:54 PM
4月 012016
 

読売新聞 によると。

 フィギュアスケートの世界選手権は31日、米マサチューセッツ州ボストンで、女子ショートプログラム(SP)が行われ、宮原知子(関大)が70・72点で6位となったのが日本勢では最高だった。

 自己ベストを4点以上更新した本郷理華(邦和スポーツランド)は69・89点で7位。休養シーズンを挟んで2年ぶりに出場した浅田真央(中京大)は65・87点の9位にとどまった。首位は76・43点をマークしたグレーシー・ゴールド(米)。

 Posted by at 10:42 PM
3月 302016
 

AFP=時事 によると。

 世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2016)の開幕を30日に控え、浅田真央(Mao Asada)や宮原知子(Satoko Miyahara)、本郷理華(Rika Hongo)の日本勢に加え、各国の強豪選手が米ボストン(Boston)で調整を行った

 現地の30日にアイスダンス・ショートダンス(SD)で幕を開ける世界選手権は、同日夜に男子シングル・ショートプログラム(SP)が予定されている。翌31日には、女子シングルのSPが行われる

 Posted by at 7:37 PM