カテゴリー別アーカイブ: 話題

「新潮45」寄稿文の危険性、痴漢とLGBTの権利をなぜ比べるのか!

ハフポスト日本版 によると。

「新潮45」2018年10月号に掲載された小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」
月刊誌「新潮45」が9月18日発売の10月号で、同性カップルを念頭に「生産性がない」などと主張した杉田水脈衆院議員(自民)の寄稿を擁護する特集を掲載し、批判を受けている。

新潮社は21日、公式サイトで声明を発表。「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられました」としたが、謝罪の文言はなかった。

特集では、7人の保守派論客による寄稿文が掲載された。その中でも、文芸評論家・小川榮太郎氏による寄稿文を問題視する声がネット上で相次いでいる。

小川氏は記事の後半、LGBT当事者が生きづらいなら「痴漢症候群の男」なども生きづらいと主張。「(痴漢の)再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事」とし、(LGBTの権利を保障するなら)「彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか」などと綴った。

これに対し、「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」と、『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者で、精神保健福祉士・社会福祉士(大森榎本クリニック)の斉藤章佳氏は指摘する。

小川氏の寄稿文の問題点は、何なのか?斉藤氏の主張を聞いた。
「触られる方が悪い」という話になりかねない

▼以下、小川榮太郎氏の寄稿文「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」より抜粋。

「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものなのだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう。SMAGとは何か。サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す。私の造語だ。ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである。

満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深ろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。

彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。」

—-

小川氏は論考の中で、LGBT当事者の人権を尊重することについて、「(痴漢する人の)触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというか」と反論している。

しかし、斉藤氏は「LGBT(性指向と性自認)の権利と痴漢加害者(性嗜好)の権利を同列に並べるのは、非常に問題がある」と指摘する。

「痴漢とは被害者がいる性暴力であり、その問題と、LGBTをめぐる議論はまったく土俵が違います」

「さらに、『触る権利を保障するべき』という主張そのものが、男尊女卑や女性蔑視でもあります。痴漢の加害者は圧倒的に男性が多い。触られる側、つまり痴漢被害者である女性の人権や心情を一切考慮しておらず、この論考をさらに発展させると、『触られる方が悪いんだ』という話にもなりかねません。まさに、セカンドレイプの温床になってしまうような、危険な主張と言えます」

100均の食洗機用小物カゴで洗いにくさ解消

レタスクラブニュース によると。

食洗機を使っている皆さん、お弁当に入れる小さいシリコンカップやキャラ弁に活躍する抜き型など、細かいものって中でちらかったり、行方不明になったりして大変じゃないですか? かといって、手洗いするのも面倒くさいし、汚れも落ちにくいし。どうにかならないかな……。

そんな悩みを解決してくれるのが、キャンドゥで見つけた食洗機用小物カゴ! わが家では重宝しています。大小1つずつのセットになっているので、洗いたいもののサイズに合わせて便利に使える点が魅力です。

大サイズは縦47×幅110×奥行き143mm、小サイズは縦40×幅76×奥行き101mmとなっています。耐冷・耐熱温度は-20℃~140℃です。

小物をこのカゴに入れることで、食洗機の水圧で飛ばされることなく安心して洗えます。コンパクトなサイズなので使わないときも場所を取りません。これで食洗機の中で小物が散らかる心配はなくなりますね。

止め具が4カ所あるので、フタをするときは確実に閉めるようにしてください。そうすれば立てて入れることができます。乾燥温度切り替え機能のある食洗機の場合は、低温設定に切り替えてくださいね。

わが家では娘のお弁当に使うピックやシリコンカップを入れています。今までは細かくて洗うのが面倒だったし、気づいたらなくなってしまったりすることがありました。でも、小物カゴのおかげでそんな心配も不要になり助かっています! 日本製というのも、うれしい安心ポイントです。

よく同じようなものを見かけていたのですが400円~600円くらいするので高いな~と思っていました。まさかの100円でGETできてラッキーです♪

羽生結弦、今季フリープログラムは 憧れの曲を採用して「原点回帰」

webスポルティーバ によると。

8月30日、カナダ・トロントのクリケットクラブで羽生結弦の公開練習が行なわれ、現地の正午過ぎに、羽生はリンクに上がって滑り出した。そして、その2分後には、力みのないきれいな4回転トーループを決める。続けて、4回転サルコウも跳んでキレのいい動きを見せた。

この日練習したのは、新しいフリープログラム。いくつかのパートに分けての曲かけ練習をした。

「4回転に関しては、ルッツは、やれば跳べるという感覚はありますけど、ケガを再発させないようにということで、しばらくはやめておこうというのはあります。でも、トーループとサルコウ、ループまでは、現状では戻ってきているかなという感覚はあります」

羽生自身がこう言うように、最初の曲かけでは4回転ループと4回転トーループを確実に決め、少し間を取ってからは3回転ループを跳び、4回転サルコウに挑んだ。

そして、中盤からの曲かけでは4回転サルコウ+3回転トーループを決め、続けて4回転トーループ+1Eu+3回転サルコウ(これまでハーフループと呼んでいた1回転ループは、今季からシングルオイラー:1Euと表示される)を難なく決める。

終盤の曲かけでは、トリプルアクセル+2回転トーループからコリオシークエンス、単発のトリプルアクセルを決め、ふたつのスピンまで滑った。

この新しいフリープログラムは、エフゲニー・プルシェンコの『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジしたもの。曲は『アート・オン・アイス』をベースにしたもので、プログラム名を『Origin』(オリジン)と名付けた。また、新しいショートプログラム(SP)は04年から06年にジョニー・ウィアがフリープログラムに使っていた『秋によせて』を使用することを明らかにした。

「フリーは自分のなかで起源とか、始まりという意味を持たせたかったので、こういうタイトルにしました。プルシェンコさんの『ニジンスキーに捧ぐ』は一生消えないと思うし、僕の中でも大切なもの。それを最初に見た頃は、ニジンスキーを滑っているときのプルシェンコさんの圧倒的なオーラやポーズ、一つひとつの音に合わせている動きやジャンプ、そういったものにすごく惹かれた記憶があります。

たしかに僕はスケートを始めたころから楽しくやっていましたし、先生方にも一生懸命教えていただいていたけど、自分自身『この競技を極めたい』『五輪で金メダルを獲りたい』というような、具体的な目標はないままやっていました。でも、ソルトレークシティ五輪やその前、その前の前のシーズンのプルシェンコさんやアレクセイ・ヤグディンさん、本田武史さんたちの演技があったからこそ、『この世界で1位になりたいな』『プルシェンコさんみたいに金メダルを獲りたいな』と思うようになったんです」

安藤美姫を超えたか、村上佳菜子はなぜウケる?

文春オンライン によると。

 女子アスリート出身タレントが、テレビ界に旋風を巻き起こしている。「2018上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター発表)で、フィギュアスケートの村上佳菜子(23)が堂々1位に輝いたのだ。

「テレビ番組出演本数が前年同期の5本から124本へと、驚異の25倍増です。5位には元なでしこジャパンのサッカー選手・丸山桂里奈(35)もランクイン(12本→81本)。男性アスリートのバラエティ番組進出は長嶋一茂(52)ら野球選手をはじめ松岡修造(50)、織田信成(31)など多士済々ですが、女性ではマラソンの松野明美(50)以来のブレイクぶりといってもいいのでは。女子アスリートタレント時代幕開けの予感すら漂います」(放送記者)

 2年前からタレント活動をしている丸山は、すでに女子サッカー界の裏話から男性遍歴まで、“ぶっちゃけトーク”でお馴染みだが、昨年春まで現役だった村上は、まさに彗星のごとき登場だった。

「2014年のソチ五輪に出場した実績を誇る村上は、引退後、プロスケーターと並行してタレント活動を開始。天然の明るさにフィギュア演技時のような豊かな表情で、幅広い年齢層から好感をもって迎えられた。昨年10月には早くも『メレンゲの気持ち』(日テレ)のレギュラーに抜擢。司会の久本雅美(60)も絶賛するほどアドリブが利く。『彼氏がいた』程度の可愛いものですが、ぶっちゃけトークもできる。現役時代は松浦亜弥(32)に似ていることから“氷上のあやや”と呼ばれましたが、今も笑顔はそっくりです」(同前)
しゃべりが今ひとつの安藤美姫を尻目に
 さらなる飛躍を果たしたのが、2月の平昌五輪だった。

「現役時代は浅田真央(27)、安藤美姫(30)らの陰に隠れていましたが、喋りが今ひとつの安藤を尻目に局をまたいで出演し、金メダリスト荒川静香(36)に劣らない存在感を発揮。技術的な解説には安定感があるし、学校の先輩で今も仲の良い浅田の話を織り交ぜるなど、サービストークにも余念なし。今冬は解説のオファーも増えるのは確実です。解説の評価が上がればタレント活動も活性化する。解説者とタレントの二刀流で、注目度は今以上に増していくでしょう」(スポーツ紙記者)

 そのなめらかトーク、氷上を滑るがごとし。

ザギトワ、急成長マサルとの1枚が10万超反響大反響「2人とも可愛い!」

THE ANSWER によると。

すっかり大きくなったマサルとの2ショット公開で大反響「2人とも可愛い!」
フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がインスタグラムを更新。すっかり大きくなった愛犬マサルとの久々の2ショットを画像付きで公開し、海外ファンの熱視線を集めていたが、反響はさらに拡大。10万件の「いいね!」が殺到し、日本のファンも「マサルが大きくなった」「マサルが幸せそうで何より」「可愛がってくれてうれしい」とほっこりさせている。

 ザギトワが公開したマサルの“成長日記”が大反響を広げている。発端となったのは2日に掲載した3枚の画像だった。

 青空と草むらをバックに満面の笑みを見せるザギトワ。赤のTシャツと青のジャージをまとって腰を下ろし、隣で体を抱いているのは愛犬マサルだった。利口にお座りして可愛らしく舌を出し、一緒にカメラ目線を決めている。ほかにもザギトワが頭をなでている1枚、一緒に地ベたに腰を下ろしいる1枚と、すっかり“名コンビ”となった2人の絆が伝わってくる。

 贈呈当初よりマサルもすっかり大きくなっている様子で、投稿では「最高の休日 #マサル#私は大好き#休み」とつづられていた。目の当たりにした海外ファンもマサルの成長ぶりに「マサル、本当に大きくなったね」「マサルにとって最高の飼い主」と歓喜の声を上げていたが、反響はさらに拡大。10万件を超える「いいね!」が殺到し、マサルの人気ぶりを見せつけている。
日本のファンも「マサルが大きくなった」とほっこり
 日本のファンも数多く反応。「マサルが大きくなった」の声が相次ぎ、「マサルめっちゃ笑ってる」「マサルが幸せそうで何より」「マサル育ててくれてありがとう」「可愛がってくれてうれしい」「大きくなったマサルの姿を見られて嬉しいです」「MASARUとの笑顔が最高!」「2人とも可愛い!」と喜んでいた。

 また海外ファンも「なんて良い写真」「2人が幸せそうで、皆も幸せ」「ベスト・パートナー」など反響はとどまらず、1000件以上のコメントが殺到していた。不思議な縁で結ばれた秋田犬との“名コンビ”は世界のファンにとってもザギトワの新たなシンボルマークとなったようだ。