カテゴリー別アーカイブ: 話題

安藤美姫を超えたか、村上佳菜子はなぜウケる?

文春オンライン によると。

 女子アスリート出身タレントが、テレビ界に旋風を巻き起こしている。「2018上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター発表)で、フィギュアスケートの村上佳菜子(23)が堂々1位に輝いたのだ。

「テレビ番組出演本数が前年同期の5本から124本へと、驚異の25倍増です。5位には元なでしこジャパンのサッカー選手・丸山桂里奈(35)もランクイン(12本→81本)。男性アスリートのバラエティ番組進出は長嶋一茂(52)ら野球選手をはじめ松岡修造(50)、織田信成(31)など多士済々ですが、女性ではマラソンの松野明美(50)以来のブレイクぶりといってもいいのでは。女子アスリートタレント時代幕開けの予感すら漂います」(放送記者)

 2年前からタレント活動をしている丸山は、すでに女子サッカー界の裏話から男性遍歴まで、“ぶっちゃけトーク”でお馴染みだが、昨年春まで現役だった村上は、まさに彗星のごとき登場だった。

「2014年のソチ五輪に出場した実績を誇る村上は、引退後、プロスケーターと並行してタレント活動を開始。天然の明るさにフィギュア演技時のような豊かな表情で、幅広い年齢層から好感をもって迎えられた。昨年10月には早くも『メレンゲの気持ち』(日テレ)のレギュラーに抜擢。司会の久本雅美(60)も絶賛するほどアドリブが利く。『彼氏がいた』程度の可愛いものですが、ぶっちゃけトークもできる。現役時代は松浦亜弥(32)に似ていることから“氷上のあやや”と呼ばれましたが、今も笑顔はそっくりです」(同前)
しゃべりが今ひとつの安藤美姫を尻目に
 さらなる飛躍を果たしたのが、2月の平昌五輪だった。

「現役時代は浅田真央(27)、安藤美姫(30)らの陰に隠れていましたが、喋りが今ひとつの安藤を尻目に局をまたいで出演し、金メダリスト荒川静香(36)に劣らない存在感を発揮。技術的な解説には安定感があるし、学校の先輩で今も仲の良い浅田の話を織り交ぜるなど、サービストークにも余念なし。今冬は解説のオファーも増えるのは確実です。解説の評価が上がればタレント活動も活性化する。解説者とタレントの二刀流で、注目度は今以上に増していくでしょう」(スポーツ紙記者)

 そのなめらかトーク、氷上を滑るがごとし。

ザギトワ、急成長マサルとの1枚が10万超反響大反響「2人とも可愛い!」

THE ANSWER によると。

すっかり大きくなったマサルとの2ショット公開で大反響「2人とも可愛い!」
フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がインスタグラムを更新。すっかり大きくなった愛犬マサルとの久々の2ショットを画像付きで公開し、海外ファンの熱視線を集めていたが、反響はさらに拡大。10万件の「いいね!」が殺到し、日本のファンも「マサルが大きくなった」「マサルが幸せそうで何より」「可愛がってくれてうれしい」とほっこりさせている。

 ザギトワが公開したマサルの“成長日記”が大反響を広げている。発端となったのは2日に掲載した3枚の画像だった。

 青空と草むらをバックに満面の笑みを見せるザギトワ。赤のTシャツと青のジャージをまとって腰を下ろし、隣で体を抱いているのは愛犬マサルだった。利口にお座りして可愛らしく舌を出し、一緒にカメラ目線を決めている。ほかにもザギトワが頭をなでている1枚、一緒に地ベたに腰を下ろしいる1枚と、すっかり“名コンビ”となった2人の絆が伝わってくる。

 贈呈当初よりマサルもすっかり大きくなっている様子で、投稿では「最高の休日 #マサル#私は大好き#休み」とつづられていた。目の当たりにした海外ファンもマサルの成長ぶりに「マサル、本当に大きくなったね」「マサルにとって最高の飼い主」と歓喜の声を上げていたが、反響はさらに拡大。10万件を超える「いいね!」が殺到し、マサルの人気ぶりを見せつけている。
日本のファンも「マサルが大きくなった」とほっこり
 日本のファンも数多く反応。「マサルが大きくなった」の声が相次ぎ、「マサルめっちゃ笑ってる」「マサルが幸せそうで何より」「マサル育ててくれてありがとう」「可愛がってくれてうれしい」「大きくなったマサルの姿を見られて嬉しいです」「MASARUとの笑顔が最高!」「2人とも可愛い!」と喜んでいた。

 また海外ファンも「なんて良い写真」「2人が幸せそうで、皆も幸せ」「ベスト・パートナー」など反響はとどまらず、1000件以上のコメントが殺到していた。不思議な縁で結ばれた秋田犬との“名コンビ”は世界のファンにとってもザギトワの新たなシンボルマークとなったようだ。

宮原知子 控えめなキャラからの脱却誓う「ムービースターになった気持ちで滑る」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートの関大勢が7日、大阪府高槻市の関大たかつきアイスアリーナで練習を公開した。2月の平昌五輪女子4位の宮原知子(20=関大)が新ショートプログラム(SP)「小雀に捧げる曲」のイメージを改めて明言。「ムービースターになった気持ちで滑る」と、控えめなキャラクターを脱ぎ捨てて演じる決意を示した。

 2024年北京五輪へ向けて、今季は「五輪が終わって、リセットのシーズン。0からのスタート。いろんなことにチャレンジするシーズンにしたい」と位置付けている。SPもフリーも和のイメージだった昨季から選曲を一変したのもその表れ。調整も順調のようで、左股関節の疲労骨折で長期リハビリを余儀なくされた昨季との違いを強調した。

 「去年と比べるとオフは追い込んで練習が出来たし、アイスショーにも出演ができた。去年できなかったことができている。滑れることに感謝をしたい」

 関西は今年、災害が続いている。6月の大阪北部地震、9月の台風21号の影響で、関大アイスリンクが使えない時があった。別のリンクを使用した。全てが順調だったわけではないが、そうした状況を悲観せずに「そういう中でも練習が出来ることに感謝してがんばらないといけないと思った」と、北海道地震をはじめとしたより苦しい状況にいる人たちを配慮した。

 初戦は14日がSPのUSクラシック(ソルトレイクシティ)。グランプリシリーズはスケートアメリカとNHK杯に出場する。新たな挑戦のシーズンが始まる。

浅田真央「聞いてます」…NHK朝ドラ登場が反響

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート10年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリスト浅田真央さん(27)が6日、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に自身が「浅田真央」として登場していることを喜んだ。

この日は、埼玉県上尾市内で姉の舞さん(30)らとともにスケート教室に参加。約45分間、子どもらに熱心に指導した。現在「半分、青い。」の劇中では、主人公鈴愛の娘、花野が真央さんに憧れてフィギュアスケートを始めており、それについて問われると「真央ちゃん、真央ちゃん、ってすごい流れている、というのは聞いています」とうれしそうに答えた。

「今も(アイスショーの)ツアーをまわっていますが、子どもたちが『自分たちも将来かわいい衣装を着て、滑りたい』と思ってもらえるように、みんなに夢を与えるようにできたらいいなと思います」とこれからも憧れのスケーターでいたいと願った。

100円のボックスとフックで冷蔵庫が変わる!つめ替えは最小限が合理的

ESSE-online によると。

頻繁にあけ閉めする冷蔵庫。わかりやすい収納にすることで扉をあけている時間を減らし、電気代の節約にも
買ってきた食材は、早めに食べきりたい時季。冷蔵庫の中を、ひと目でどこになにがあるか分かる収納にすることで、使い残しや、重複買いを防ぐことができます。

しまいにくいハサミやピーラーを壁にピタッ!「100円マグネット」の記事はここでチェック!

ここでは、暮らしをラクにする収納術に詳しく、本も出版している蒼井サチさんに、100円やプチプラのグッズを使った冷蔵庫収納のアイデアを教えていただきました。

食材の使い残しを防ぐ!冷蔵庫収納の5つのコツ
●冷蔵庫収納のコツ1:グルーピングで定位置を決める

定位置を決めることで、どこになにがあるか一目瞭然で収納することができます。

ポイントは「ざっくりグルーピング」。エリアごとに、生鮮食品、副菜、調味料などの定位置を決めるだけでなく、あきエリアも設けています。

きっちりグルーピングしてしまうと使いづらさが出てきますが、あきエリアをつくっておくことでフレキシブルに対応できます。

カレーや煮物などの残りは、いちいち容器につめ替えず、鍋ごとあきスペースに収納するとラク&時短に。

●冷蔵庫収納のコツ2:ボックスで仕分け、引き出して使う

常に買いおきをする定番品は、ボックスで仕分けすると在庫がわかりやすくなります。

朝食で使うハムやバターはセットにして、わが家では、イケアの白いボックスにまとめています。そのままボックスごと引き出して使えるので、朝食の準備がラクに。毎朝ボックスをのぞくことで在庫がわかり、買い忘れや買いすぎを防ぐこともできます。

ヨーグルトは、100円ショップの半透明のボックスに。取っ手つきで、引き出して中身を取り出せるのがポイント。奥行があるのでスペースをムダなく活用できます。

●冷蔵庫収納のコツ3:チューブ類はつり下げる

倒れて迷子になりがちな細長いチューブ類は、つり下げ収納が便利。

ドアポケットにつり下げて空中収納。デッドスペースを利用します。

100円ショップのカーテンクリップは、たくさん入って100円。小さめですが、このサイズが便利! ほかの物に干渉せず、つり下げられます。