カテゴリー別アーカイブ: 話題

浅田真央「聞いてます」…NHK朝ドラ登場が反響

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート10年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリスト浅田真央さん(27)が6日、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に自身が「浅田真央」として登場していることを喜んだ。

この日は、埼玉県上尾市内で姉の舞さん(30)らとともにスケート教室に参加。約45分間、子どもらに熱心に指導した。現在「半分、青い。」の劇中では、主人公鈴愛の娘、花野が真央さんに憧れてフィギュアスケートを始めており、それについて問われると「真央ちゃん、真央ちゃん、ってすごい流れている、というのは聞いています」とうれしそうに答えた。

「今も(アイスショーの)ツアーをまわっていますが、子どもたちが『自分たちも将来かわいい衣装を着て、滑りたい』と思ってもらえるように、みんなに夢を与えるようにできたらいいなと思います」とこれからも憧れのスケーターでいたいと願った。

100円のボックスとフックで冷蔵庫が変わる!つめ替えは最小限が合理的

ESSE-online によると。

頻繁にあけ閉めする冷蔵庫。わかりやすい収納にすることで扉をあけている時間を減らし、電気代の節約にも
買ってきた食材は、早めに食べきりたい時季。冷蔵庫の中を、ひと目でどこになにがあるか分かる収納にすることで、使い残しや、重複買いを防ぐことができます。

しまいにくいハサミやピーラーを壁にピタッ!「100円マグネット」の記事はここでチェック!

ここでは、暮らしをラクにする収納術に詳しく、本も出版している蒼井サチさんに、100円やプチプラのグッズを使った冷蔵庫収納のアイデアを教えていただきました。

食材の使い残しを防ぐ!冷蔵庫収納の5つのコツ
●冷蔵庫収納のコツ1:グルーピングで定位置を決める

定位置を決めることで、どこになにがあるか一目瞭然で収納することができます。

ポイントは「ざっくりグルーピング」。エリアごとに、生鮮食品、副菜、調味料などの定位置を決めるだけでなく、あきエリアも設けています。

きっちりグルーピングしてしまうと使いづらさが出てきますが、あきエリアをつくっておくことでフレキシブルに対応できます。

カレーや煮物などの残りは、いちいち容器につめ替えず、鍋ごとあきスペースに収納するとラク&時短に。

●冷蔵庫収納のコツ2:ボックスで仕分け、引き出して使う

常に買いおきをする定番品は、ボックスで仕分けすると在庫がわかりやすくなります。

朝食で使うハムやバターはセットにして、わが家では、イケアの白いボックスにまとめています。そのままボックスごと引き出して使えるので、朝食の準備がラクに。毎朝ボックスをのぞくことで在庫がわかり、買い忘れや買いすぎを防ぐこともできます。

ヨーグルトは、100円ショップの半透明のボックスに。取っ手つきで、引き出して中身を取り出せるのがポイント。奥行があるのでスペースをムダなく活用できます。

●冷蔵庫収納のコツ3:チューブ類はつり下げる

倒れて迷子になりがちな細長いチューブ類は、つり下げ収納が便利。

ドアポケットにつり下げて空中収納。デッドスペースを利用します。

100円ショップのカーテンクリップは、たくさん入って100円。小さめですが、このサイズが便利! ほかの物に干渉せず、つり下げられます。

ヴァージル・アブローと「イケア」によるインテリア・コレクション パリでの発売日を発表

WWD JAPAN.com によると。

2019年発売を目処に進行中と思われていた「イケア(IKEA)」とヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)によるインテリア・コレクション“マケラッド(MARKERAD)”が、ついに発売される。

ヴァージル・アブローと「イケア」によるインテリア・コレクション パリでの発売日を発表
「イケア」のインスタグラムによると、9月29日にパリで発売するというが、パリ近郊には「イケア」が7店舗あり、全店で展開するのか、ポップアップストアをオープンするのか、具体的な場所は不明。また、動画内で“Flooring”の文字を確認することができることから、“マケラッド”の全アイテムに先駆けてラグを発売すると思われるが、その他詳細も現時点では明らかとなっておらず、続報が待たれる。
なお“マケラッド”について、先日開かれた2019年度の事業発表会でイケア・ジャパンは、「年内か来年初頭には販売する予定だ」とコメントしていた。

羽生結弦、新フリーはプルシェンコの伝説曲「自分の原点に返って滑りたい」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート男子の五輪2大会連続金メダリスト、羽生結弦(23=ANA)は30日、拠点のカナダ・トロントで練習を公開し、今季の新プログラムの使用曲を発表した。

 フリーはエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)の伝説的なプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジした曲で「Origin(オリジン)」と名付けた。ショートプログラム(SP)はジョニー・ウィアー(米国)がフリーで使った曲「秋によせて」を選んだ。

 平昌五輪後、右足首のケガで約1カ月スケートができない時期に熟考し、昔から尊敬する2人のスケーターの代表曲を選択。「勝つ、負けるに固執しすぎることなく、自分のために滑っていいいのかなと思った。(幼い頃には)プルシェンコさんやウィアーさんの演技を見て、真似たり、楽しんでいた。自分の原点に返って滑りたい」と説明した。

 かつて「ニジンスキーに捧ぐ」で満点を連発したプルシェンコには4月のアイスショーで会った際に許可を得て「頑張ってね」と激励されたという。羽生は「プルシェンコさんの『ニジンスキーに捧ぐ』は素晴らしいプログラムで消えることはないと思う。それとは別に、自分のプログラムとして完成させたい」と意欲を語った。

 今季初戦はオータム・クラシック(9月20~22日、カナダ・オークビル)。GPシリーズは第3戦のフィンランド大会(11月2~4日、ヘルシンキ)、第5戦ロシア杯(11月16~18日、モスクワ)に出場予定。

羽生結弦、現役復帰の高橋大輔と「全日本で滑ることもあるかも。楽しみ」

サンケイスポーツ によると。
 

フィギュアスケート男子で平昌五輪で2連覇を飾った羽生結弦(23)=ANA=が拠点とする当地で練習を公開し、7月に現役復帰を表明した高橋大輔(32)=関大KFSC=と同じリンクに立つ日を心待ちにした。

 絶対王者は「ひたすら憧れていた。全日本(選手権)で滑ることもあるかもしれない。楽しみにしたい」と声を弾ませた。

 高橋は2014年10月に引退を表明してプロスケーターとして活動していたが、異例の第一線復帰を果たした。現在は左内ももの肉離れを抱えるが、12月の全日本選手権(東和薬品ラクタブドーム)を目指し、予選を兼ねた10月の近畿選手権(兵庫・尼崎スポーツの森)での復帰へ練習を重ねている。

 10年バンクーバー五輪銅メダリストは会見で復帰を表明した際、「全日本の最終グループに入って(羽生らと)6分間練習を一緒に滑りたい」と話していた。