町田樹、最後の演目として選んだプログラムは『人間の条件』

NEWS ポストセブン によると。

■フィギュアとは何か、ということを教えてくれる
 そして10月6日、最後の演目として選んだプログラムは『人間の条件』だった。会場となったさいたまスーパーアリーナは、実演家・町田樹のラストダンスを見届けるファン、1万3000人で埋まった。
『人間の条件』の音楽はマーラーの「アダージェット」だが、このプログラムに寄せる言葉として、町田さんは、小説家・開高健の言葉を紹介している。
<明日、世界が滅びるとしても 今日、あなたはリンゴの木を植える>
 9分30秒という大作『人間の条件』で町田さんが表現したのは、運命に抗って生きる人間の苦悩、そして意志や勇気だった。世界が滅びるとわかっていても、“それでも”希望の苗を植えようとする人間の健気で気高い姿を、町田さんのフィギュアスケートを通じて、しっかりと感じることができた。
 惜しまれながらも引退をした町田さんの功績について、フィギュアスケートに詳しいスポーツライターはこう語る。
「町田さんほど、発言に注目が集まるフィギュアスケーターはいなかったと思います。やはりスケーターは、滑りで魅せる、演技で魅せる、というタイプが多いですからね。そんななかで、“語録”が話題になる町田さんは異色の存在で、競技としてのフィギュアスケートに興味のない人までをも惹きつけました。
 とはいえ、発言の機会が多かったわけではありません。大学院に進んでからは、メディアに出ることは解説の仕事を除いてほとんどなく、アイスショーで渾身の演技を披露するのみでした。それでも町田さんが何を言うかは、広く注目を集めました。それは町田さんの言葉が、町田さん自身を表現するだけでなく、フィギュアスケートの楽しみや理解を深め、フィギュアスケートとは何か、ということを、教えてくれるものだったからだと思います。
 町田さんは引退セレモニーで、自分の理想とするのは『総合芸術としてフィギュアスケート』と言いました。ああ、そうか、フィギュアスケートとは総合芸術なんだなと、納得しましたよね。残念ながら実演家ではなくなるけれど、今後は別の形で、フィギュアスケートに関わっていくということですから、期待したいです」
 今は、25年間お疲れさまでしたと伝えるとともに、町田さんの今後の活躍、そして今後放たれる言葉を楽しみに待ちたい。

浅田舞、亡き母が死の直前に残した「ごめんね」の意味とは?

RBB Todayによると。

 数々の芸能人の未来を的中させ、話題となったスピリチュアルメッセンジャー・木村藤子が、5年ぶりにテレビに出演する同番組。「もう二度とテレビには出ない」と宣言していた木村だったが、「最後にもう一度だけ、人助けのために…」と立ち上がったのが、今回の番組だ。木村は、ある日突然命を絶たれた方たちの生前の想いを、その方たちがのこした愛用品や写真、映像から読み取っていき、愛する人を失った人たちへ、生前伝えられなかった想いを届ける。

 今回、番組の企画に賛同し出演を決めたのが、元フィギュアスケート選手の浅田舞と、ロックシンガーのダイアモンド ユカイ、そして交通事故で愛する我が娘を失った方。現在、タレントやスポーツキャスターとして活躍されている浅田が、フィギュアスケートを始めたのは、小学校2年生の時。妹・真央と2人でスタートしたフィギュア人生を全面的に支えたのが、母・匡子さんだった。

 何ヶ所もの練習場を回るため自ら運転をし、練習と練習の合間は車中で寝泊まりをするなど、自分の時間の全てを娘2人に注いでくれた母。しかし、あまりにも熱心すぎる教育に、浅田は疑問を抱き始める。さらに、妹・真央がフィギュアスケート界で頭角を現してきたことに対し、姉として嫉妬心が募っていった。そんな浅田は、次第に自分の居場所が分からなくなり、フィギュアスケートからは遠ざかり、母・匡子さん、そして妹の真央とも距離が。そして、2011年末、予期していなかった母・匡子さんとの別れが訪れる。あまりにも突然すぎた母の死に、浅田は整理のつかない感情を持ち続けることにななる。

 今回、浅田は同番組の出演を悩んだと言うが、母はどんな思いでこの世を去ったのか?自分のことをどう思っていたのか?そして、亡くなる直前に言われた「ごめんね」の意味は何だったのか?そうした疑問を知るため、封印していた心の闇をテレビで初めて打ち明ける。木村と共に思い出の地を訪れながら、母の想いを聞き出していく。時に涙しながら、それでも母の想いを受け止める浅田のたくましい姿に注目だ。

 浅田は母の生前の想いを聞いて、「とてもホッとしています。最初は自分のどこかで、母の本音や思っていたことを聞くのが怖い気がしていたんですけど、今はすごく安心しました」とコメント。木村については、「母のことはもちろんなんですが、実は自分の中でも悩んでいる部分があって、それをしゃべる勇気がこれまでなかったんです。でも、木村さんはそんなことも私が話す前から、さらっと話してくれるので、そこまでネガティブにコンプレックスに感じなくていいんだって思えました。母のことだけでなく、自分のことも分かったので、前に進めるきっかけになったと思います」と語った。

鈴木明子、スピード離婚…結婚生活1年7カ月で

サンケイスポーツ によると。

 元フィギュアスケート日本代表でプロフィギュアスケーター、鈴木明子さん(33)が昨年2月に結婚した小学校の同級生で会社員、Aさんと先月、離婚したことが11日、分かった。

 愛知・豊橋市内で割烹料理店「和乃家」を営む鈴木さんの父、和則さん(71)がこの日、サンケイスポーツの電話取材に応対。結婚1年7カ月でのスピード離婚に「ああ、バレちゃいましたか」と明るく告白し、「娘から9月に離婚したと聞きました。全くめげていないし、テレビにもコメンテーターとして積極的に出てるしね」と前向きに語った。

 鈴木さんは2015年秋、「和乃家」で偶然、Aさんと地元の小学校を卒業以来18年ぶりに再会。大人の女性に成長した鈴木さんにAさんが一目惚れして交際に発展し、昨年2月1日に結婚した。

 しかし、和則さんは2人の結婚前に「娘は小学校のころからスケート漬けだったので、掃除も洗濯も料理もできない。それでも、よければ」と親としての心配をAさんに告げていたという。

 当初は鈴木さんも専業主婦の道を考え、Aさんもそれを望んだが、タレント、解説者としても仕事が忙しくなり、自然と家事の腕を磨く時間が減ったことも夫婦の溝を深めたようだ。和則さんは「仕事人間の娘だからなぁ。もう少し理解してくれたら」と残念がったが、「2人ともそれぞれ新たな人生を歩んでほしい」とエールを送った。