3月 292016
 

Impress Watch によると。

東京ディズニーシー15周年記念、ディズニーリゾートラインのオリジナルトミカを4月11日から毎月発売 開園記念日の9月4日発売分まで全部揃えると6両編成のモノレールに

 オリエンタルランドは3月29日、東京ディズニーシーが開園15周年を迎えることを記念した限定オリジナルグッズとして、ディズニーリゾートラインのオリジナルトミカを4月11日から順次発売する。

 車両の側面にはディズニーの仲間たちや、東京ディズニーシー15周年のテーマである「Wish」の象徴「ウィッシュ・クリスタル」が描かれる。

 4月11日の先頭車を皮切りに、5月から毎月4日に1車両ずつ発売。東京ディズニーシー開園記念日である9月4日に発売される後尾車まで揃えるとディズニーリゾートラインと同じ6両編成のモノレールとして楽しめる。

 販売は東京ディズニーシー内の「エンポーリオ」。価格は各車両1200円。種類と描かれるキャラクター、発売日は下記のとおり。

先頭車:ミッキーマウス(4月11日)

中間車:グーフィー、プルート(5月4日)

中間車:ドナルドダック(6月4日)

中間車:デイジーダック(7月4日)

中間車:チップ、デール(8月4日)

後尾車:ミニーマウス(9月4日)

 Posted by at 11:53 PM
3月 162016
 

日刊スポーツ によると。

 ウォルト・ディズニー・スタジオが米国時間の15日、人気映画シリーズ「インディアナ・ジョーンズ」の5作目が2019年7月19日に公開されると発表。タイトル未定の今作品でも、シリーズ4作品を監督してきたスティーブン・スピルバーグ監督と、主演のハリソン・フォード(73)がタッグを組むことを明らかにした。

 米エンターテインメント・ウィークリー誌電子版によると、その他のキャストについては後日、発表される予定となっているという。

 同スタジオのCEOであるアラン・ホーン氏は声明の中で、「インディアナ・ジョーンズは映画史上、最高のヒーローの一人。2019年にスクリーンに復帰させるのが待ち遠しい。監督、プロデューサー、俳優、役柄の完璧な組み合わせを持つことは稀なことで、ハリソンとスティーブンと共にこの冒険に乗り出すことは、最高にエキサイティングです」とコメントした。

 同シリーズは、1作目の「レイダース/失われたアーク<聖櫃>」(1981年)から4作目の「インディアナ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(2008年)までで、総額20億ドル近くの世界興行収益をあげている。

 「スター・ウォーズ」シリーズ10年ぶりの新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015年12月公開)にハン・ソロ役で復帰したフォードは、数ヶ月前のインタビューで、「私のキャリアで幸運だったことは、スター・ウォーズとインディ・ジョーンズの2つのシリーズで、若い世代にも知られる機会に恵まれたこと。インディ・ジョーンズ役はもちろん、また演じたい」と語っていた

 Posted by at 11:12 PM
2月 192016
 

映画ナタリー によると。

1952年に起きた海難事故救出劇にもとづく映画「ザ・ブリザード」から、新たな特別映像がYouTubeにて公開された。

本作は、「スター・トレック」シリーズのクリス・パインが主演を務めるアクション。難破した巨大タンカーから生存者を救い出すため、強烈なブリザードが吹き荒れる海に小型救助艇で乗り出した沿岸警備隊員たちの勇姿を描く。パインのほかエリック・バナ、ケイシー・アフレック、ベン・フォスターらが出演し、「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピーがメガホンを取った。

特別映像には、64年前の2月18日、実際に救助活動にあたった沿岸警備隊員のアンディ・フィッツジェラルドとメル・ガスロが登場し、パイン、アフレックと対面。製作初期段階から本作に協力しているフィッツジェラルドとガスロは、「漁師が言った。『行くな』って。『どうかしてる』って。だが、助けるのが仕事なんだ」と当時を回想する。

小型救助艇の船長バーニーを演じたパインは、「バーニーはこの映画が作られる前に亡くなっていた。でも彼の親友だったガスとアンディに会えたことで、僕はバーニーの人となりを知ることができたんだ」と語り、特別映像の中では「敬意を表して、誠実に演じたい」と述べている。

 Posted by at 9:30 PM
2月 172016
 

東京ウォーカー によると。

東京ディズニーシー内のフードワゴン、リフレッシュメント・ステーションでは、2月1日より、「チュロス(ポテト)」(380円)を販売している。

東京ディズニーリゾートで楽しめる“食べ歩きスナック”の中でも、一際高い人気を誇るチュロス。外はさっくり、中はふんわりとした食感と、砂糖がたっぷりかかった甘い味わいを連想する人も多いのではないだろうか。

今回、新たに仲間入りした「チュロス(ポテト)」は、そんな従来のイメージを覆す、新感覚の“食事系チュロス”として注目を集めている。チュロスなのに甘くない、というだけでも驚きなのだが、モチモチした食感も斬新だ。広報担当者によると、モチモチ食感のチュロスは初の試みだという。

記者が食べてみたところ、ビールのおつまみにも最適な甘辛い味付けに仕上がっており、辛党の記者にとっては感動のおいしさだった。北海道の郷土料理「いももち」に近い味と言えば、わかりやすいかもしれない。味、食感共にクセになり、あっという間に完食してしまった。

さらに、手軽に食べられるスナックでありながらも、他のチュロスに比べて満腹感が高い点もポイントだ。

同商品を販売しているリフレッシュメント・ステーションは、以前「ギョウザドッグ」を扱っていた、ミステリアスアイランドのフードワゴン(「ギョウザドッグ」は現在、ノーチラスギャレーで販売中)。

“探索や調査で忙しく働くクルーたちが空腹を満たせるように”とつくられたショップということもあり、パーク散策で空いたゲストの小腹も、きっと満たしてくれるはずだ。これまでとは一味違うポテト味のチュロスを、ぜひお試しあれ

 Posted by at 9:06 PM
2月 162016
 

日刊スポーツ によると。

 米俳優ハリソン・フォード(73)が2014年6月にハン・ソロを演じた大ヒット公開中の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の撮影中に 足首を骨折する事故が起きた件で、英健康安全当局がディズニーの子会社で同作の製作を担当したフードルス・プロダクションを起訴したことが明らかになった。

 フォードは英ロンドンのパインウッド・スタジオで宇宙船ミレニアム・ファルコンを使用しての撮影中に落下したドアに挟まれて足首を骨折。病院に搬送され手術を受け、撮影が2週間休止された。

 出演者やスタッフの安全を守るために適切な処置をとることを怠ったとして健康安全基準違反4件で起訴されたが、フードルス・プロダクションは「出演者とスタッフの安全を常に最優先している」とコメントしている。5月に第1回口頭弁論が予定されている。

 同作は、北米で歴代1位となる興行収入を記録し、全世界でも20億ドルを超える興行収入をあげる大ヒットとなっている。次回作「エピソード8」(17年12月公開)の撮影もすでに始まっており、年末にはシリーズ初のスピンオフ作「ローグ・ワン」も公開を控えている

 Posted by at 8:56 PM