羽生結弦「優勝」という最高の結果とともに新シーズンの第一歩を踏み出した。

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)が165.91点をマークし、合計263.65点で今季初戦を優勝で飾った。序盤で鮮やかに決めた4回転など、美しい演技をIOC運営サイト「オリンピックチャンネル」が動画付きで速報するなど、高い注目度の中で決めた優勝。海外メディアも「平昌五輪ぶりに競争力を再現してみせた」と高く評価している。

 五輪連覇王者が、まずは「優勝」という最高の結果とともに新シーズンの第一歩を踏み出した。羽生は憧れのエフゲニー・プルシェンコ氏が演じたナンバーをアレンジした「Origin」のメロディーに乗り、序盤から4回転ループ、4回転トーループを綺麗に着氷。中盤で転倒するなどジャンプにミスがあったが、最後は美しいステップ、スピンで演じ切った。

 表情に満足感はなかったが、165.91点をマークし、貫禄の優勝を飾った。オリンピックチャンネル公式ツイッターは「ユヅル・ハニュウがオータムクラシックで優勝!」とつづり、冒頭に決めた4回転など、演技のハイライトを動画付きで公開。美しい演技を世界のファンに紹介していたが、海外メディアも高く評価している。

 オリンピックチャンネルは公式サイトでも「ユヅル・ハニュウはフリースケートで敗れるも、オータム・クラシック優勝」と見出しを打って特集。「ユヅル・ハニュウはフリースケートでは敗れるも、オータム・クラシックで優勝を果たした。日本人スターは、平昌五輪ぶりにその競争力を再現してみせた」と勝負強さを評価している。
各メディアで報道続々「ハニュウが復帰戦で勝利」
 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」も「ユヅル・ハニュウは不安定なパフォーマンスながらもオータム・クラシックで優勝」と特集し、「ハニュウは韓国のチャ・ジュンファンに続く165.91点だったが、金曜日のショートプログラムでのリードもあり、トータル263.65点で優勝を果たした」とレポートしている。

 AP通信も「2度のオリンピックチャンピオン、ハニュウが復帰戦で勝利」と見出しを打ち、決して100%の内容ではなかったが、優勝を果たしたことを伝えている。満足いく出来でなくとも、表彰台の真ん中に立てるのは五輪連覇王者の底力の裏返し。まだシーズン初戦。今後のグランプリ(GP)シリーズに期待は高まる。

祝いたいのにモヤっとしちゃう。「親友のハイスペ婚」にざわつく症候群

集英社ハピプラニュース によると。

おめでたいはずなのに、なぜか心がざわざわする……。素直に喜べない自分に自己嫌悪? あるいは、通常の婚活さえ大変なのに、いとも軽やかに最上級をゲットした友人への嫉妬なのか…。特に30代女子をざわつかせる、その正体をひもときます!

ハイスペ婚とは?
年収や地位の高い、いわゆる“ハイスペック男子”と結婚すること。基本的には、一馬力で家族を支えられる高収入男子をGETして、専業主婦になることを指す。イケメンや高身長も“ハイスペ”の条件になることがある。

■BAILA読者が考える、ハイスペ夫の定義とは?
1位 高収入
2位 医師・弁護士
3位 有名企業に勤めている

BAILA web会員125人(28~39歳)に聞きました! 友達のハイスペ婚“もやっとする気持ち”わかる?
●YES 75%
●NO 25%

「自分が持っているものより、上のランクを見せつけられているような感覚を持ってしまうのがつらい」(28歳・商社)
「昔は大企業勤めの彼と恋愛してた。今は出会いさえない」(36歳・管理栄養士)
みんなのモヤモヤコメント
◇私はこんなに頑張ってるのに
お金持ちなのがうらやましいわけじゃないんです。婚活も仕事も私はこんなに頑張ってるのに、なぜ友人はラクラクと幸せを手に入れるのか? しかもハイスペックな夫! 見えない壁に悶々としちゃう(涙)。(32歳・IT事務)

◇うらやましくないっ
一見理想の家庭が、実は演出してるだけで内部崩壊してたりする。だから「うらやましくないっ」と自分に言い聞かせてます!(28歳・百貨店)

◇自分と何が違うんだろう?
自分と同じレベルの容姿、学歴、仕事。自分と何が違うんだろう? って考え込む日々。(33歳・教育関連)

◇私って性格悪いの!? と自己嫌悪
友人の幸せを祝いたい。でもモヤモヤ…私って性格悪いの!? と自己嫌悪。(30歳・薬剤師)

ざわつく女心。みんな本音はどう思っているの? モヤモヤを鎮めるには? 『親友のハイスペ婚』について今後も紹介していきますので、お見逃しなく!

羽生結弦、新シーズンは「一つ一つ」 平昌五輪後初の実戦へ上々

スポーツ報知 によると。

 男子フィギュアスケートの羽生結弦(23)=ANA=が、カナダ・オークビルで行われるオータム・クラシックで五輪後初の実戦を迎える。男子ショートプログラム(SP)前日の20日、会場での公式練習に参加した。35分間の練習でループ、サルコー、トウループの3種類の4回転を成功。フリー「Origin」の曲かけ練習でも冒頭の4回転ループを決めるなど、上々の仕上がりを見せた。

 今季初戦を前に、羽生は「一つ一つ」という言葉を何度も繰り返した。「とにかく一つの試合として集中してやっていきたいなと思っています。一つ一つの出来、一つ一つの質、そういったものをすごく重視しながらやっていきたい」。穏やかに、時おり笑みを浮かべながら取材に応じた。

 公式練習から大勢の観客が会場を埋めた。注目の高さは相変わらずだが、原点回帰をテーマに掲げる新シーズンのスタートは平常心で臨む。「初戦だからといって気負っているものは特に大きくはなくて。とにかくプログラムをこなせればいいいかなと思っています。もちろん勝ちはしたいですけれども、それよりも、まずは試合勘を整えて、プログラムとしてこなせればいいかなという風に思っています」。

 五輪連覇という目標を掲げ、勝ちにこだわり続けた昨季と比べ、シーズンを通した気持ちの持ち方や戦い方も異なってきそうだ。「とりあえずは一つ一つ(試合に)出たいなと思っています。例えば先シーズンであれば、五輪へ向けてという思いがすごく強くあったんですけれども、特になんか、未来に向かって、具体的な目標が定まっているわけじゃないので。しっかり一つ一つの試合でいろんな課題だとか、成長した点だとか、そういったものを見つけつつ。自分が本当に納得して、ベストだなって思えるような演技を目指していきたいなと思っています」。ただひたすら、羽生結弦の滑りを極めていく。

浅田真央、初共演の石川佳純に「すごく年下かと思ったら…ビックリ」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(27)、卓球の石川佳純(25)=全農=が初めて共演した。19日に行われた寝具メーカー「エアウィーヴ」のイベントに出席。浅田さんは白い和服に「姿勢が正されますね」と笑顔。石川について「小さくてメガネをかけているイメージ。すごく年下かと思っていたら2つしか変わらなくてビックリした」と印象を語った。秋らしい深い赤のスカートに花柄のシャツを合わせた石川は「(浅田さんと)ずっとお会いしたかったのでうれしい」と話した。

 浅田さんは25日に28歳の誕生日を迎える。「まだまだ今行っているサンクスツアーが続くので、全国のみなさんに感謝の滑りを届けたい」と話した。

ユニクロの赤い新作服、30代のインスタに映える!

集英社ハピプラニュース によると。

SNS映えには、色のパワーでパッとしゃれ感を出すのが効果的。朱赤から濃いめの赤まで色のバリエーションも多く、価格も手頃な【ユニクロ(UNIQLO)】の赤い新作服がおすすめです★

“映え”に効くチェックと渋赤で、いつものデニムをフォトジェニックに
明るく仕上がる美肌フィルターを考慮して、顔に近いトップスはハッキリした柄&気持ち暗めのカラーがSNS向き。そのどちらをも備え、顔映え効果もバツグン!! この秋いちばんのトレンドでもある渋赤のチェックシャツで、「いいね!」を倍増!

シャツ¥1990/ユニクロ デニムパンツ¥24800/ショールーム セッション(サージ) 肩からかけたデニムジャケット¥25000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 靴¥19000/ユナイテッド トウキョウ 新丸ビル店(ユナイテッド トウキョウ)

【#SNS映えポイント】背景はシンプル・イズ・ベスト。色が引き立つモノトーンが◎
大人にも着やすい赤は、「ユニクロ ユー」が大本命! 色使いの美しさに定評のある「ユニクロ ユー」の赤は、深みがあって上品。とはいえスカートばかりが悪目立ちしないように、合わせるTシャツも雰囲気の近いえび茶色を。

スカート(一部店舗のみで販売)¥3990・Tシャツ¥1000/ユニクロ(ユニクロ ユー) ジャケット¥59000/UTS PR(ジェーン スミス) バッグ¥52000/フレームワーク ルミネ新宿店(マリアン パケット) ネックレス¥60000/エナソルーナ 神宮前本店(エナソルーナ) 靴¥13000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

【#SNS映えポイント】引くか、寄るか。構図は思い切りが大切。表情は“ふとした”感じで
自撮りにも最適! 落ち着きのある赤に加えて、カシミヤ素材もリッチなムードを後押し。襟元には、スウェットなどでよく目にするV字のガゼットつき。シンプルで使いやすいデザインながら、顔に寄ったときにもちゃんと可愛いのも魅力。

ニット(一部店舗のみで販売)¥7990/ユニクロ(イネス・ド・ラ・フレサンジュ) パンツ¥43000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) メガネ¥40000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(セリマ) 時計¥22000/タパック(ピエール・ラニエ)